日本代表はW杯アジア2次予選最終ラウンドのアフガニスタン戦、シリア戦ともに5―0で勝利し、9月1日から始まるW杯アジア最終予選へ駒を進めた。

 これまで何度となく選手たちに「デュエル」や「野心」というキーワードを発信してきたハリルホジッチ監督は、この2試合でもこのふたつのキーワードを全面に出す選手を重用した。

 顕著だったのが、シリア戦の後半10分過ぎに負傷した山口蛍に代わって原口元気を起用したことだ。リードはわずか1点という状況で、ボランチ経験のない原口をそのまま同ポジションに投入した。ここに込められた意図を読み解くことで、ハリルホジッチ監督が目指す日本代表像が浮かび上がる。

 原口の投入が点差の開いた展開だったならば、意味合いは違うものになる。リスクを負っても大勢に影響しないため、守備の枚数を1枚減らして、攻撃に人数を増やすという狙いに過ぎない。

 たとえば、昨年9月のアウェーでのW杯アジア2次予選・アフガニスタン戦で、左FWとして先発させた原口を試合途中から右SBにしたケースなどは、これに近い。

 日本代表はW杯アジア2次予選最終ラウンドのアフガニスタン戦、シリア戦ともに5―0で勝利し、9月1日から始まるW杯アジア最終予選へ駒を進めた。

 これまで何度となく選手たちに「デュエル」や「野心」というキーワードを発信してきたハリルホジッチ監督は、この2試合でもこのふたつのキーワードを全面に出す選手を重用した。

 顕著だったのが、シリア戦の後半10分過ぎに負傷した山口蛍に代わって原口元気を起用したことだ。リードはわずか1点という状況で、ボランチ経験のない原口をそのまま同ポジションに投入した。ここに込められた意図を読み解くことで、ハリルホジッチ監督が目指す日本代表像が浮かび上がる。

 原口の投入が点差の開いた展開だったならば、意味合いは違うものになる。リスクを負っても大勢に影響しないため、守備の枚数を1枚減らして、攻撃に人数を増やすという狙いに過ぎない。

 たとえば、昨年9月のアウェーでのW杯アジア2次予選・アフガニスタン戦で、左FWとして先発させた原口を試合途中から右SBにしたケースなどは、これに近い。

 しかし、今回のシリア戦は状況が異なる。前半に相手のオウンゴールで1点をリードしたものの、追加点を奪えずに膠着状態にあった。そうした状況下で想定外の交代を余儀なくさせられる場合、一般的にほとんどの指揮官は同ポジションに実績のある選手を投入する。ベンチに浦和でボランチをつとめる柏木陽介もいたのだから、こうした選択肢はハリルホジッチ監督にもあった。にもかかわらず、ボランチ経験のほとんどない、ドリブルやシュートなど攻撃に特長を持つ原口を起用したのだ。

 不慣れなポジションを任された原口は、投入直後はボランチらしく、攻守のバランスを取ろうとして持ち味を発揮できなかった。しかし、原口がボランチらしいプレーを求められたわけではないと割り切ったかはわからないが、次第に守備ではアグレッシブにボール奪取にチャレンジし、攻撃ではドリブルで推進力を生み出して自分らしさを全面に押し出した。これで守備のバランスが崩れ、危険なシーンを何度か招いたのは事実だが、一方で攻撃でも膠着していた状況を打破して4得点を生むことにつながった。

「リスク」と「リスクマネジメント」という言葉がある。これはふたつで一対であり、リスクを負うからこそ、リスクに対してのマネジメントも求められるという考え方だ。

 日本代表は原口投入でリスクを負った結果、幾度かのピンチを招いたが、追加点を奪うことで勝利を引き寄せた。今後も原口をボランチで起用するのには賛同しかねるが、少なくともシリア戦での日本代表はリスクを負うとどういった危険が生じ、それをどうマネジメントすべきかという課題を手にすることになった。

 これは、もし仮に1−0で逃げ切る采配をしていたら見えてこなかったものだ。チームというのは、課題があるからこそ成長を遂げていく。この先に控えるW杯アジア最終予選やW杯ロシア大会では、対戦国のレベルはさらに高くなる。強い相手に対しても結果を残せるように、日本代表を大きく成長させるという視点に立てば、この2試合は勝敗や内容もさることながら、ハリルホジッチ監督が選手に求める姿勢が、具体的な形として見えたことが最大の収穫だったと言える。

福田正博●解説 analysis by Fukuda Masahiro