4月4日、『キリン 淡麗 極上<生>新CM発表会』が東京・パレットプラザにて行われ、新CMキャラクターとなった俳優の高良健吾さんがゲスト登壇しました。


なんとCMの内容に合わせ、馬に乗って恰好よく表れた高良さん!


5日から全国放送される新CMがこの日は先だって上映されました。

「登場篇」では、携帯電話で連絡を受けた侍姿の「淡麗侍(課長)」の高良さんが、部下からのコールで駆け付けるというもの。


馬に乗って颯爽と走るシーンはまさに現代に舞い降りた侍!


続く「登場篇」では、松重豊さん演じる「悪代官(クライアント)」のもとへ……。


これまた馬に乗って現れ、上から謝罪するというお茶目な内容です。


今回、CMで共演した馬と再会したという高良さんは、馬を撫でたりと実に慣れた様子。

「以前、大河ドラマで馬に乗るシーンはあったので結構練習していました。僕はオディール(馬の名前)と相性がいいんです」とニコニコ。


高良さんはCMで侍を演じますが、その生き方に共感し「かっこいい」と語ります。

「時代ものをやらせていただいても思うのが、何かをなすためにが自分のためだけじゃなくて、人や国のために行動を起こせることが侍なので、それは理想です」と、人のために何かをするという精神にいたく共鳴していました。


さらに、イベントでは4月に新社会人になった人たちへのエールを、毛筆でしたためました。


完成した文字は「考」。


高良さんは、高校2年生で社会に出てから、実に多くのことを学んだと振り返り、「怒られてばっかで、とにかく悔しかったんですけど、そのときは周りに“とにかく失敗しろ”と言われました。その失敗を怖がるなっていうのと、失敗の仕方をちゃんと考えろと」と自分の過去と照らし合わせ、今回の「考」を出したと話します。

「今、考えすぎるなとか、考えるな感じろとか言われていて、考えること自体がネガティブに捉えられることがあるんですけど、でも自分はとにかく考えて考えて考えまくってからの先の言葉だと思っています。自分も若いけど、もっと若い子と話しているともっと考えられることがあるんじゃないかなと個人的に思うので」と、感慨深げに語っていました。

【関連記事】

※ 田中圭、セクシーなはずの入浴シーンを悔やむ「もう少し体を絞ればよかった」

※ 妻夫木聡が新生活を送る人々へエール「挫折感を味わってからがスタート」

※ 木村佳乃、愛之助&紀香婚にコメント「もちろん素敵な家庭を築くと思う」

※ 多部未華子、小顔の秘密を公開!?「実は下の歯が3本しかない」

※ 松坂桃李、今年本気になっているものを発表!