写真提供:マイナビニュース

写真拡大

古野電気は4月4日、病院・検査センター向けの生化学自動分析装置「CA-800」を開発したと発表した。

生化学自動分析装置とは、全血、血清、血漿や尿などの検体に含まれる酵素、脂質、タンパク質、糖などを試薬と反応させて、その反応過程を分光光度計で吸光度として測定する検査機器。

同製品は、1時間あたり800テストから最大1200テスト(電解質ユニット付)の高速処理と、最少反応液量50ulを実現したフロアトップモデルとなっている。測定波長は、340〜800nmの13波長で、使用環境に合わせて樹脂キュベットまたはガラスキュベットを選択可能。操作画面は、タッチパネル式ディスプレイに対応している。

同製品は3月から海外での販売が開始されており、日本でも順次展開される予定。

(周藤瞳美)