中国メディアの今日頭条はこのほど、多くの中国人が日本を旅行で訪れることについて「日本がこれほど魅力的なのはなぜか」と疑問を投げかけ、一度でも日本を訪れると再び日本に来てしまう魅力があると主張する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディアの今日頭条はこのほど、多くの中国人が日本を旅行で訪れることについて「日本がこれほど魅力的なのはなぜか」と疑問を投げかけ、一度でも日本を訪れると再び日本に来てしまう魅力があると主張する記事を掲載した。

 記事は、中国人が日本を訪れる理由は決して買い物だけでないと主張し、むしろ細部へのこだわりといった文化にあると主張。日本人旅行客は世界中で「礼儀正しく、秩序ある行動ができる」として歓迎されているが、中国人旅行客は日本を訪れることで「日本の文化やサービス、細部へのこだわり」を体験したいと思っているのだと論じた。

 中国人がわざわざ日本を訪れてまで体験したいという文化や細部へのこだわりとは一体何だろうか。記事はまず「秩序ある社会」の存在を挙げ、それが体現されているのは「列に並ぶ」という行為であると紹介。

 買い物や公共交通機関の利用時など、日本では日常生活のさまざまなタイミングで列に並ぶことになるが、誰も割り込むことなく、自然に列ができる文化を称賛している。中国でも近年は列に並ぶ光景を見かけるようになったが、割り込みなどをめぐってのトラブルも珍しくない。逆に日本では割り込みをめぐるトラブルはほとんどないだろう。

 また記事は、日本人が交通ルールを守り、誰もポイ捨てをせず、皆が礼儀正しく、清潔で心地良いサービスを受けられるなどとし、こうした点が中国人旅行客にとって魅力的であり、「一度日本を訪れると、また訪れたくなる不思議な魅力」なのだと主張。中国人にとって政治や歴史は議論の対象にし難いところがあるとしながらも、一般社会という観点からすれば中国は日本に大きく遅れを取っているのが現実だと指摘している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)