31日、中国広西チワン族自治区桂平市でこのほど、養魚池に直径4〜5メートルの大きな穴があき、25トンもの魚が一夜にして消失し当局が原因究明を急いでいる。

写真拡大

2016年3月31日、中国広西チワン族自治区桂平市でこのほど、養魚池に直径4〜5メートルの大きな穴があき、25トンもの魚が一夜にして消失し当局が原因究明を急いでいる。

3月24日未明に、桂平市白沙村に住む男性が養魚池に赴いた際、池の水位が急激に下がっていることに気が付き、同日9時には大きな穴を確認した。中国各メディアの報道によると、現場はカルスト地形で、14年から1キロメートルほどの範囲内で50ほどの穴ができている。

養魚池の近くには採石場があるため、村民の中では採石場が関係していると推測する声が多い。現在専門家が原因を究明しており、騒動の詳細や今後の措置は結果を受けて発表される。(翻訳・編集/内山)