一年中快適な室内環境を…。

写真拡大

シャープは、除湿、加湿、空気清浄の機能を兼ね備えたプラズマクラスター除加湿空気清浄機「KC-GD70」を2016年4月21日に発売する。部屋の状況に応じて、自動で機能を切り換えられる。

「おまかせワンボタン」を押すと、「ホコリ」、「ニオイ」、「湿度」、「温度」、「照度」のセンサーが最適の機能に調節する。たとえば春から夏にかけて、日中は花粉とPM2.5が増えるので空気清浄を行い、夜間はカビの増殖を抑え部屋干しによる湿気を取るため除湿運転に切り換わる。

「衣類乾燥モード」にすると、部屋で干した衣服の生乾きの臭いはプラズマクラスターイオンに抑えられ、広角自動スイングルーバーに送風されて気にならなくなる。

また、プラズマクラスターイオンはプラス、マイナスのどちらの静電気も除去できるので、微小な粒子が壁などに付着するのを防ぐ。力強い「スピード循環気流」に引き寄せられたほこりは、0.3μmの微小な粒子を99.97%以上集める「静電HEPAフィルター」、「脱臭フィルター」、「抗菌・防カビ ホコリブロックプレフィルター」を通り、室内は脱臭される。

オープン価格での販売。通販サイトでは、約9万7000〜約10万8000円の価格帯で予約受付中。