1日、中国では15年、富裕層約9000人が海外に移住した。写真は米国のパスポート。

写真拡大

2016年4月1日、環球時報(電子版)によると、中国では15年、富裕層約9000人が海外に移住した。

中国の調査機関・財富によると、中国の富裕層は約65万4000人。フランスに次いで富裕層の海外流出が多い国となっている。財富は「中国の生活水準が向上すれば、祖国に戻ってくる可能性もある」とみている。

また、イタリア(約6000人)やオーストラリア(約4000人)も富裕層の海外移民が多い国とされる。(翻訳・編集/大宮)