トム・ハンクスの名演技の秘訣、スピルバーグ曰く「演技しないこと」。

写真拡大

スティーブン・スピルバーグ監督によると、トム・ハンクスの“演技力の秘訣”は、演技をしていないところだという。

スピルバーグが脚本を執筆した1986年の「マネー・ピット」以来、「プライベート・ライアン」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」、そして最新作「ブリッジ・オブ・スパイ」など数多くの作品を共に手掛けてきた2人だが、スピルバーグはトムがあたかも普通の会話かのように脚本を読み上げることに驚かされたそうだ。

Loaded.co.ukのインタビューでスピルバーグは「最初にトムのことで気づいたのは、演技をしている姿を見たことがないってことなんだ。あたかも脚本がないかのようにセリフを口にしていて、まるで監督も存在せず、照明もないかのように僕にただ話しかけているかのようだったんだ」とその驚きを語る。

また「マネー・ピット」以前からトムの作品の数々の大ファンだったというスピルバーグは「『ボソム・バディーズ』のトムが大好きだったんだ。それにイスラエルが舞台の『さよならは言わないで』も好きだったね。リタ・ウィルソンと出ている『ボランティアーズ』もね。だから『マネー・ピット』をやる前から彼の仕事ぶりはよく知っていたんだよ」と説明している。