ほうれん草スムージーを飲むなら「チラコイド」入りがいい理由

写真拡大

 あの海外セレブのケンダル・ジェンナーやジジ・ハディッドも、ほうれん草入りのグリーンスムージーを愛飲しているといわれていますが、ほうれん草には、やはり彼女たちが好んで食べるだけあって、美をつくる要素が満載。

 一つは、豊富に含まれるベータカロテンの美肌効果。体内でビタミンAに変換され、皮膚の粘膜を強くする作用があり、セレブたちの強い美肌づくりに貢献しているようです。

 さらに、ビタミンCによるシミ・ソバカス予防効果や、ビタミンEによる若返り効果など、至れり尽くせり。

 また、生のほうれん草からは摂取はむずかしいといわれていますが、食欲抑制効果のある「チラコイド」という成分も、最近は注目の的!

 スウェーデンのルンド大学で研究されているこのチラコイド、海外では、ダイエット時の食べ過ぎ防止策にも使われているそうです。

 ルンド大学の教授によれば、チラコイドは脳の視床下部に作用して満腹感を感じさせる働きや、腸で脂肪の消化・吸収を遅くし、食欲増進ホルモンの分泌を抑えることが確認されているのだとか。

 そんなチラコイドを含んだ粉末飲料が、最近では日本でも話題に。ほうれん草スムージーを取り入れるのなら、チラコイドも検討してみてもいいかもしれませんね。