29日、中国の掲示板サイトに「なぜ日本の学校では靴を脱ぐのか」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は教室。

写真拡大

2016年3月29日、中国の掲示板サイトに「なぜ日本の学校では靴を脱ぐのか」と題するスレッドが立った。

スレ主は、日本では幼稚園から高校まで、学校ではどこも玄関で靴を脱ぎ上履きに履き替えると紹介。その理由について「学校に清掃作業員がおらず、清潔さを保つためだ」と伝えた。そして、日本の学校では清掃作業員ではなく子供たち自身で清掃を行うのだと紹介した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本のこういう所が好きだし尊敬する」
「こういう教室だったら超きれいなんだろうな」
「確かに清潔だ。この面では日本に追い付いていない」

「日本の清潔さに憧れる。中国も日本のような環境になればと願う」
「日本のような教育だったらと心から願う。受験教育は精神を病む」
「教育の面では日本より遅れているのは確か」

「なんか臭そうだな」
「下駄箱がある所は臭いに違いない」
「中国だったら靴を盗まれる」

「ただの習慣の違いだろ。もちろん学ぶに値することではあるが」
「中国の親が重視するのは成績であって、成績の前にはすべてが無意味」

「日本人は本当に清潔好きなんだな。中国で育った人の8割はここまでは清潔にできないと思う」
「でも、ほうきで野球をする男の子を見たことがある。真面目に掃除をしろ」(翻訳・編集/山中)