ヒラリーを支持するミレニアル世代の、ある肖像

写真拡大

いわゆる「ミレニアルズ」は、米大統領選をどうとらえ、どう参加しているのか。民主党候補としてより若者よりの政策を打ち出すバーニー・サンダースに背を向け、ヒラリー・クリントン支持を貫く若者たちの政治参加について。

「ヒラリーを支持するミレニアル世代の、ある肖像」の写真・リンク付きの記事はこちら

ニック・デイとブランドン・パワーズの2人は、自分たちがバーニー支持者だと思われるだろうことをよくわかっている。

24歳の2人の姿は、まさに、全米各地で行われているバーニー・サンダースの集会でスタジアムを満員にする勢いで詰め寄せるたくさんのミレニアル世代といった感じだ。

実際のところ、わたしがハーレムのアポロシアターで行われたヒラリー・クリントンの集会で彼らに声をかけるちょっと前にも、ほかのレポーターからこう声をかけられたという。「あなたたちはバーニー支持者に見えるのだけど、こんなところで何しているの?」

それは彼らにとって、ヒラリー支持者であることについて意見を求められた最初の出来事ではなかったし、おそらくこれからもそうなのだろう。

2人は、ヒラリーを支持するミレニアル世代の多くの若者がそうであるように、型にはまることを嫌っている。そして、自分たちの世代について語る通説に対して異議を唱え、若い有権者の間ではサンダースが圧倒的に有利だという短絡的な世論調査専門家たちの指摘を覆そうとしている。

「いつも自分が後手に回っているような気がする。馬鹿げたことだけどね」と、デイは言う。「でもヒラリー側につくのはごく自然なことなんだ」

ミレニアルたちは、デジタルを駆使する

たしかにそうした“通説”が存在するだけの理由はある。出口調査によれば、サンダースはアラバマ州、ミシシッピ州を除いたすべての州で30歳以下の有権者票において勝利を収めているいる。さらに、コロンビア大学から数ブロック離れた(ニューヨーク大学からも地下鉄であれば20分で行ける)アポロシアターでの集会も含め、全米におけるヒラリーの集会では20代、特に彼らのような20代の白人男性は少数派だという傾向がある。サンダースの集会では、逆の傾向が見られるのだが。

サンダースの打ち出すいくつかの政策は、あらゆる学生に対して州立大学の授業料無償化を掲げるなど、若年層層にアピールするものとなっている。対するヒラリーも、公立大学の学生が授業料支払いにローンを組まずにすむようなプランを出しているが、サンダースの政策と比べれば、若者の支持を得るには十分とはいえないようだ。

また、サンダース陣営では、巧妙なオンライン戦略が敷かれている。ミレニアル世代の若者の支持者たちがハッシュタグ・#FeeltheBernを使ったストリーミング配信を活用し、常にソーシャルメディア・ストリームで大量の情報を発信できている。一方のヒラリー支持の若者たちは、自分たちの声を反映させることだけで精一杯なのだとパワーズは言う。

「わたしの友だちはみんな同じ電車に乗って通学しているのだけど」と、アポロシアターでの集会に来ていたマンハッタン自治区のコミュニティーカレッジに通う21歳の学生、ヘイディ・ブラッドウエイは言う。「ヒラリーキャンペーンでボランティアをしていることで、何となく仲間外れになったような気がするわ」

すでに予備選の最初の2カ月は過ぎた。あとは次の2カ月を残すばかりとなり、若いヒラリー支持者たちは自分たちの存在を知らしめるため、ついにデジタルを駆使した運動を始めた。

ミレニアルたちは、型破り

いつの時代も、政治には定型のやり方があった。人口統計学などの社会・経済的なデータが、候補者がどこで、どのように、いつ有権者と接するかを決めるのに大きく影響を与えてきたのだ。しかし、近年では有権者たちはソーシャルメディアを駆使している。その営為は、これまでのやり方がいかに単純化されたものであったかを明らかにしている。

例えば、「サンダースは非白人の多い州では勝てない」という“自明の理”があった。それに対して週末に起こったのは、白人以外のサンダース支持者を中心にしたハッシュタグ・#BernieMadeMeWhite(バーニーはわたしを白人にした)の拡大だ。その意味するところは「もしサンダースに投票するならその人は白人に違いない、ただしメディアの視点からすれば」というもので、そうした一般論がいかに多くの人の信条やその人自身の存在を傷つけるかを示すものであった。

さて、サンダースのミレニアル世代の支持層のことが話題になるにつれ、ヒラリーの若い支持者たちは自分たちが取り残されたように感じるかもしれない。そこで、ヒラリーの集会に出席した30歳の起業家、アシュリー・ビーレは『#ImWithHer』というアプリを草の根運動で立ち上げた。

ビーレは、昨年9月来ある新規事業に取り組んでいたが、共同創設者のベクラム・カウシィクとともにその事業を一時保留にし、ヒラリー支持者のためのソーシャルネットワーク・アプリを立ち上げようと決めた。そのアプリを使えば、ほかのヒラリー支持者とつながって、ヒラリーにまつわるニュースや情報を得たり、地元でのイヴェントを見つけたり、選挙政策を調べたり、「ヒルフィー」(大まかに訳すなら、ヒラリーとの“自撮り”)をサポーターたちと共有したりできる。

「ヒラリーには若いサポーターはいないし、バーニーはオンライン上で躍進しているという大きな誤解があるのです」と、ビーレは言う。「このアプリは、その誤解を取り去るためのものです」

ビーレのような大きなアクションを示す者もいれば、パワーズたちは、スケールは小さくともなんらかのかたちで選挙運動に貢献しようとしている立派な支持者だ。最近、パワーズは友人と話し、ソーシャルメディア上でサンダース支持者の声をはねのけるくらい、より積極的にヒラリーへの支持を訴えようと決めたのだと言う。まずは、自身のFacebookの写真をヒラリー・クリントンのロゴに変える。そして、その次のステップとして、「今日はとにかく、Snapchatで(メッセージを)送りまくる」のだという。

INFORMATION

現在、連載中! ザ・大統領戦「Super Election」

米大統領選は、新たなテクノロジーが社会を変えていく現場だ。全米を舞台に立ち現れるさまざまな事象を、デザインシンカー・池田純一が読み解く。2016年11月、雌雄が決するその瞬間までのドキュメント。