あなたがダイエットに失敗し続けるのには理由があった!

写真拡大

親元を離れてピークになった体重

 いつになっても話題の「ダイエット」。私自身、高校生くらいからぽっちゃり体型で、友達の間でもダイエットをしているということが、なんだか嬉しい時期でもありました。そんな私がMAXの体重になったのは、20歳の時。高校生までは、親元で過ごしバランスのよい食事ができていたので、まだ体重管理ができていましたが、大学生になり一人暮らしを始め、好きな物を好きな時に好きなだけ食べられる生活になり、私は知らず知らずのうちに体重が今までの人生の中でピークに達しました。身長148cm、体重55kg。BMIは25に達していました。

 BMI(Body Mass Index) という身長と体重からみた体格指数に当てはめると、25は普通判定のギリギリの数値。BMIが25以上は肥満の判定なので、あのまま太り続けていれば、健康を害する「肥満体型」になっていたかと思うとゾッとします。

※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
 18.5未満……やせすぎ
 18.5〜25未満……普通
 25以上……肥満

 成人式の写真が太ったままということが、いまだに悔いが残りますが、その頃は、自己流で少しご飯を減らしてみたり、お風呂にフラフラになるまで入ったりしてなんとなく、趣味的な感じでダイエットを行っていました。「絶対痩せなければ!」という想いや危機感はなく、「いつか?痩たらいいな〜」くらいの気持ちで毎日を過ごしていました。

 そんな私が「本当に痩せたい!痩せなきゃ!」と思ったきっかけが、その頃付き合っていた彼氏に「お前デブっていう自覚ある?」と言われたこと。すごくショックを受けたことは忘れられません。彼氏に言われ、「私ってデブなんだ…太ってるんだ……」と、その時初めて現実に気づかされたのです。

そしてダイエットの虜に
失敗した数々のダイエット法

 それからありとあらゆるダイエットを試し、いつしか「ダイエットの虜」になっていました。

<痩せる○○>

 まずは楽して痩せたい気持ちが先行し、「読めば痩せられるという本」や、「持っているだけで痩せるというお守り」(もはや神頼み)を試しました。本やお守りはマインドの部分でダイエットの考え方や目標設定の仕方などを学ぶことはできましたが、やはりやるのは自分自身なので、行動に起こすことができずに失敗。こんな簡単な事で痩せられるのであれば、誰もダイエットで悩んでいない!と今では冷静に見ることができますが、その当時は藁をもすがる想いでした。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)