国が違えば、文化や習慣が異なるのはごく自然なことだ。多くの中国人旅行客が訪日するなか、公共の場におけるマナーなどにおいて文化や習慣の違いに起因するトラブルが多発している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 国が違えば、文化や習慣が異なるのはごく自然なことだ。多くの中国人旅行客が訪日するなか、公共の場におけるマナーなどにおいて文化や習慣の違いに起因するトラブルが多発している。

 中国であれば誰も気にしないことでも、日本では白い目で見られるという行為は少なくない。痰を吐くこと、公共の場で大声で話すこと、禁煙の場所でタバコを吸うことなどは、一般的に日本ではマナー違反と見なされるだろう。

 中国メディアの捜狐はこのほど、日本を訪れることを考えている中国人読者に向けて、「日本におけるルール」を紹介する記事を掲載。日本国内で「中国人が恥ずかしい思いをしなくて済む」よう、明文化されておらず、一般的に暗黙の了解とされているようなルールについても紹介している。

 記事はまず、エスカレーターを利用する際のルールを紹介。関東では一般的に左側に立つこと、関西では右側に立つことなどを紹介。また、旅行客であっても利用する機会の多い電車や地下鉄のルールとして「乗車位置で列に並ぶこと」、「まず下車する人が先に下りて、それから乗車する」ことがルールだと紹介。日本では乗客が乗車してから発車するため、慌てて乗り込む必要はないと紹介した。

 また、公共交通機関を利用している際には「車内で携帯電話は利用しないほうが良い」と指摘。また、日本では車内での飲食や化粧は避けるべきとし、「そうでなければ他人に迷惑をかけてしまう」と論じた。

 そのほかにも記事は、日本での食事のマナーや日本人の宗教観に関するマナー、近年中国人の間で人気が高まっている温泉に入る時のマナーなどについても紹介。中国に中国独特の文化や習慣があるように、日本にも独自の習慣、マナーがあることを紹介、訪日前にはしっかりと予習することが重要だと強調している。こうした記事を通じて、訪日前に日本のマナーを理解してもらえれば、マナー違反などのトラブルを少しでも減らすことができるだろう。そうすれば中国人旅行客は今以上に歓迎される存在になるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)