1日、韓国・ニューストマトは、国民の精神的健康に赤信号が灯った韓国社会の現状を伝えた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真はソウル。

写真拡大

2016年4月1日、韓国・ニューストマトは、韓国国民の精神における健康に赤信号が灯っていると伝えた。

国際社会調査プログラム(ISPP)が2011年に18歳以上の世界各国の国民の精神的健康を「面談」「郵送によるアンケート」「ネットによるアンケート」などの方法を介して調査した結果、韓国人の憂鬱(ゆううつ)感経験率は13.2%で、米国、ドイツ、日本など主要先進国29カ国の平均10.7%より約2.5%高かった。福祉国家であるスイス4.0%、オランダ6.9%、デンマーク7.8%などと比べると2〜3倍にもなる。自信の喪失経験率も11.1%に達し、日本(12.0%)と共に最も高い国の一つであった。韓国人の自信喪失経験率は29カ国の平均と比較して3.8%高く、スイス1.7%、米国4.8%、ドイツ5.4%、オランダ5.9%、ノルウェー6.4%など主要先進国との格差も大きかった。

また、国連持続可能な開発委員会(CSD)が2010〜2012年の世界158カ国の幸福度指数を調査した報告書「World Happiness Report 2015」によると、韓国は5.984で、世界47位にとどまった。日本は5.987で46位だった。韓国人が自分を不幸だと感じる最大の原因は、個人ではなく社会にあり、腐敗、社会的統合、選択の自由などが不幸の原因となっていた。ソウル大学保健大学院のチョウ・ビョンヒ教授は「腐敗認識の問題は、韓国社会に腐敗がまん延し、政策運用の手順が透明でないことを示唆している」とし、「社会支持の欠如は、行き過ぎた競争により社会的統合が脆弱であることを示す」と説明した。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「今に始まったことではない。韓国人は歴史的にいつも憂鬱だった」

「精神的不健康は、韓国で生活する限り避けて通れない」

「死ぬほど働いているやつより、ぶらぶらしているやつの方が金を稼いでいるような社会。特権階級ほど脱税、兵役逃れ、不正腐敗がひどい社会。しかも国は彼らの不正を弁護する構造になっており、貧富の差を深化させる。精神的に健康でいられる訳ない」

「努力すれば、それに見合った対価が与えられる社会になってほしい。そうすれば精神的健康も取り戻せる」

「こんな状態でも、『昔よりはましになった』と言って、愚痴をこぼすなと言われるんだからな」

「40〜50代の世代の子どもたちへの要求が高過ぎることが問題」

「国民のためではなく、自分の蓄財の為に一生懸命な政治家の姿を見ると憂鬱にもなる」

「このような状況を打開するためには、投票して政権を代え、政治家に緊張感を与えないと駄目だ」

「競争中心の韓国の社会構造は、私たちが変えなければならない最重要課題だ」(翻訳・編集/三田)