ダイエットの“近道”は自転車で(shutterstock.com)

写真拡大

 春になり、自転車通勤の姿が目につくようになってきた。気持ちよく颯爽と走る姿に、自転車通勤への憧れが高じる人もいるだろう。

 中年期の体脂肪と体重を減らすには徒歩や自転車、あるいは公共交通機関を利用した通勤スタイルが有用であることが最新研究で示唆された。

 英・ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院(LSHTM)講師のEllen Flint氏らの報告で、詳細は『The Lancet Diabetes & Endocrinology』(3月15日号)に寄せられた。研究著者のEllen氏は語る。

 「運動不足が健康状態の悪化を招き、早期死亡の主因のひとつであることは言うまでもない。しかしながら、英国では成人男女のおよそ3分の2が推奨レベルの身体活動を満たしていないのが実情だ」

 そんな背景の実態を探るべく、今回の研究に際しては、英国人男女15万人以上(40~69歳)の情報を集めて解析した。

 ちなみに、比較対象とされるクルマ派のうち3分の1が毎日、ハンドルを握って通勤していたそうだ。

適正体重への近道は"自転車通勤"がいちばん

 結果、クルマ通勤派(以下、「C派」と表す)との比較において、最も有用な体脂肪/体重の減少効果が得られたのは、薫風を切っての「自転車通勤」だった。

 53歳男性陣の比較例では、C派よりも体重が約5kg少なく、BMI(体格指数:Body Math Index)が1.7低かった。

 BMIは、体重と身長をもとに計算される体脂肪の指標値だ。CDC(米国疾病管理予防センター)によれば、BMI25未満は「適正体重」、25以上は「過体重」、30以上は「肥満」と定義されている。

 同じ自転車ツーキニストでも、女性の場合はどうかといえば、こちらも同性のC派層に対して体重で約4.5kg少なく、BMIも1.65低かったそうだ。

 次いで、徒歩派もC派比で男女共BMIが0.98低く、自転車派と同じく移動距離が長いほどBMI低減幅も大きい事実が判明した。

 では、もっぱら公共交通機関を利用している層は、C派との比較において優位なのか下位なのか? 結果は、男性同士の比較例で公共交通機関の利用者の方が、BMIが0.7少ないことが判明。

 さらに、徒歩ないしは自転車と公共交通機関の複合利用層の場合は、C派に対して男性層で1、女性層では0.7、それぞれのBMI値が低かった。
中年期はアクティブな通勤スタイルを!

 「一般的に多くの人々が職場までの地の利上、徒歩や自転車のみの通勤は難儀だろう。だが、今回の研究結果は、公共交通機関の利用に伴う偶発的な諸々の運動(量)にも重要な効果があることを示していると思います」と、Ellen氏。

 なお、今回の研究の目的は、学歴や所得の相違、飲酒や喫煙の有無、日常の全体的な身体活動と健康状態の関連、自宅が都市部か郊外かの環境面などの因果関係を読み解くものではない。

 だが、Ellen氏は次のように強調する。

 「とりわけ、肥満に悩む人が増える中年期においては、クルマよりも公共交通機関の利用や、よりアクティブな通勤スタイルを推奨すべき。それが肥満蔓延に対する包括的政策の要にあると私たちは考えている」

 彼らの報告に付随論説を寄せたノルウェーのLars Bo Andersen氏(ソング・オ・フィヨラーネ大学)もこう述べている。

 「多くの働く人々にとって通勤は毎日欠かせない活動だ。その際の(クルマ通勤以外の)通勤方法は身体活動量を増加し、(余暇の運動などを実践できない/する気のない層も)意識せずに推奨レベルに近づける重要且つ簡便な選択肢になると思う」

体脂肪を燃やす系に転身?

 もちろん日英間の通勤事情の違いはあるものの、自転車ツーキニストへの実践可能距離に大差はないだろう。

 理想の車種選び法や各種装具の紹介、思わぬメリットや日々の注意点などに関しては先輩ツーキニストたちの推奨サイトがたくさんあるので御参照を。

 自宅と職場の概算距離を調べる方法も地図サイトを活用すれば、およその見当はつく。

 そして、先輩陣の複数意見を総合すると、自転車で無理なく通える距離は「片道15kmまで」、往復時間にして「約1時間以内」が一般的基準のようだ。

 諸々の交通事情や途上の坂道や高低差の有無によって個人差は出るだろうが、体重70kgの人が走行速度15km/hで往復60分の自転車通勤を毎日通った場合。

 METS法(Metabolic equivalents)で計算すれば、消費カロリーと体重減の流れは次のとおり。

 ■1日あたりの消費カロリー(700kcal)/体重減少量(0.1kg)
 ■継続1カ月めの消費カロリー(14000kcal)/体重減少量(2.0kg)
 ■継続3カ月めの消費カロリー(42000kcal)/体重減少量(6.0kg)

 いうまでもなく、これは机上の効果値ではあるが、やる気を喚起するには十分な変化ではないか。さて、あなたもGW前から風を切って体脂肪を燃やす系に転身しますか?
(文=編集部)