乳酸菌には花粉症の予防効果が(shutterstock.com)

写真拡大

アレルギー疾患の中で最も身近なものといえば、スギ花粉をはじめとした季節性アレルギー性鼻炎、いわゆる「花粉症」だろう。毎年、このシーズンになると、天気予報で天気や気温とともに「花粉情報」まで流されるのだから、いかに花粉症に悩まされている人が多いのかがわかるというものだ。

 近年、アレルギー患者は年々増え続けている。なかでもスギ花粉症の有病率は、全国の耳鼻咽喉科医とその家族を対象とした調査では、1998年〜2008年の10年間でおよそ10%も増加している。正確にはわからないが、この調査の結果から推定すると、日本全国でスギ花粉症に悩まされている患者はおよそ3300万人、スギ以外の花粉症も含めるとさらに多くの人が花粉症に悩まされている計算になる。

 花粉症が増えている原因として、飛散する花粉数が増加していることや食生活の変化に加え、感染症の減少、腸内細菌の変化などがあげられている。そして、このような状況を打開するための体質改善に、乳酸菌の効果が大きく期待されている。乳酸菌には花粉症をはじめとしたアレルギー症状を緩和する役割も果たすからだ。

免疫グロブリンA(IgA)抗体を増やす乳酸菌

 我々の体内の気道や腸管などは、異物が入らないように粘膜のバリアによって守られている。

 たとえば、花粉が鼻の中に入ってきた場合、鼻の粘液でとらえられ、バリアとして重要な役割を果たしている免疫グロブリンA(IgA)抗体が包み込んで、何の症状も起こすことなく体外へ運び出してくれる。つまり、 IgA抗体とは、花粉などのアレルゲンが体内に吸収されるのを抑える働きがあり、多いほどアレルギーを起こしづらい。実際、アレルギーを起こす人には、気道や腸管に分泌されるIgA抗体が少ないことが知られている。

 乳酸菌は、この IgA抗体を増やす助けをする。マウスによる実験で、乳酸菌の投与により糞便中の IgA抗体が増加したこと確認されている。 IgA抗体は、アレルゲンだけに限らずウイルスや細菌に対しても働くため、乳酸菌をとることで感染症などの予防にも効果が期待される。

花粉症の原因、免疫グロブリンE(IgE)抗体を減らす効果も

 一方、アレルギーの主役となるのは、免疫グロブリンE(IgE)抗体と呼ばれるもの。こちらは、アレルゲンと結合し、そのことによって肥満細胞という細胞から、ヒスタミンなどの化学物質が分泌され、それがかゆみや鼻炎などのアレルギー症状を引き起こす原因となる。

 このIgE抗体をつくらせるのは、我々の体内の免疫システムの一つであるヘルパーT細胞だ。粘膜のバリアが破られ、花粉などの異物が体内に侵入するとヘルパーT細胞から異物に対する攻撃命令が出る。

 T細胞には、Th1細胞とTh2細胞の2種類があり、Th1細胞は細胞性免疫、Th2細胞は抗体を中心とした免疫を担当する。Th2細胞はIgE抗体をつくる手助けをする役割を果たし、Th1細胞はIgE抗体のつくりすぎを抑える役割を果たす。T細胞がバランスよく働いていれば良いが、そのバランスが崩れてTh2細胞の働きが強くなると、抗体を生産するB細胞に働きかけ、IgE抗体をどんどん過剰につくらせる結果となる。

 つまり、ヘルパーT細胞の誤作動によって、花粉が体内に侵入するごとにアレルギー症状を引き起こすIgE抗体がつくられて、あのつらい目のかゆみや鼻づまり、鼻水、くしゃみなどの症状が引き起こされることとなる。

 乳酸菌が、このTh1細胞の働きを強め、Th2細胞を抑制することは、多くの実験の結果として報告されている。乳酸菌は、花粉症状を抑制する IgA抗体を増やし、逆に花粉症状を引き起こすIgE抗体を減らすという働きをしてくれるのだ。

 特に花粉症に効果があるとされているのはBB536株で、そのほか、GCL1176株、HSK201株、K-2株、LGG菌、L-55株、L-92株、シロタ株なども関連している。


後藤利夫(ごとう・としお)
1988年 東京大学医学部卒業。1992年東京大学附属病院内科助手。現在、新宿大腸クリニック院長。「大腸がん撲滅」を目標に独自の無麻酔・無痛大腸内視鏡検査法を開発。大腸内視鏡40000件以上無事故の大腸内視鏡のマイスター医師。一般社団法人・食と健康協会顧問。著作に『あなたの知らない乳酸菌力』(小学館)、『その便秘こそ大腸ガンの黄信号』(祥伝社)、『腸イキイキ健康法』(主婦と生活社)、『腸をきれいにする特効法101』(主婦と生活社)、『腸いきいき健康ジュース』など多数。大腸がんのインターネット無料相談も実施中。
新宿大腸クリニック公式HP http://www.daicho-clinic.com