子供のいない人生を選択した山口智子さん(写真は講談社のJOSEISHI.NETより)

写真拡大

 人気女優の山口智子さん(51)が、女性誌『FRaU(フラウ)』2016年3月号のインタビューで「子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも一片の後悔もないです」と告白し、大きな反響を呼んだ。

 山口さんは1995年に人気俳優の唐沢寿明さん(52)と結婚。理想のカップルとしての好感度は今も変わらない。結婚後は華やかな芸能界から離れていたことから、「妊活では?」などさまざまな憶測が流れていただけに、今回の告白は衝撃的だった。

 「産まない女はダメですか?」と問いかけた山口さんの勇気あるメッセージは、「産めない」「産まない」女性の励みにもなったようだ。

 いまでも日本では「子供を産んで一人前」という社会的風潮が根強く残っている。結婚して数年経っても子供がいない女性をつかまえて「子供まだ?」などと訊く無神経なおじさん、おばさんがその類だ。

「子供を2人以上産み育てよ」と訓示した男性校長

 山口さんの話題がさめやらぬうちに、こんな問題も起こった。大阪府の市立中学校の男性校長(61)が全校集会で「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産み育てること。仕事のキャリアを積むことよりも子供を産むことが大事」と訓示したのだ。

 批判を受け、教育委員会が対応に追われているが、この校長は自分の主張を譲らない。テレビのインタビューに答え「子供を産まないでどんどん人口減少が加速すれば将来、年金額は8分の1になるんですよ」と主張。

 この発言について「産む産まないの問題に他人が口をはさむことはない。しかも中学生に」、「言っていることは間違いでないかもしれないが、全校集会でいうべきことか」など社会問題となった(大阪市教育委員会は、3月28日、3月末の再任用の任期満了に伴い、校長を退職すると発表)。

 実際、今の10代に、「まず子供を早く産んでしまおう。仕事は子育てが終ってからでもできる」という良妻賢母的な生き方論は通じるだろうか? 「大人の身勝手、古い価値観」「結婚よりもしたいことがある」と答えるに決っている。誰だって「産む、産まないぐらい自由にさせてほしい」のだ。

 しかし、女性がキャリアを積んで「そろそろ産もうか」と考えたときには、「時すでに遅し」ということもある。いくら高齢出産が当たり前の時代になったとはいえ、30代半ば以降、卵子の質が下がりはじめ、30代後半には数が激減する。その危機を乗り切るための方策が卵子凍結だ。
少子化対策で卵子凍結保存を推進する浦安市

 千葉県浦安市が少子化対策として順天堂大学浦安病院と共同で進める卵子の凍結保存研究の中で、同病院の倫理委員会が女性4人の卵子凍結を承認したと3月13日の東京新聞が報じた。

 同市は2015年7月から共同研究を始め、3年間で計9000万円の補助金を交付するという力の入れようだ。

 対象は市内に住む採卵時の年齢が20〜34歳の女性で、妊娠を目指し凍結卵子を使用する場合は、45歳までが原則。今回承認された4人は、病院主催のセミナーで高齢出産のリスクなどを学んだうえで、倫理委員会の審査を受けたという。

 浦安市によると、保管にかかる費用は1人当たり50〜60万円ほど。市の補助を受ければ自己負担額は、注射や投薬で約10万円程度になるそうだ。今や自治体の少子化対策も究極の卵子凍結までに及んでいる。

 「やりたいことをやってから、区切りのいいところで子供を産もう」――。出産の先送り、妊娠率への影響(高齢出産)、健康へのリスクなど、学会などではその是非をめぐって見解が分かれているが、浦安市の取り組みによって、卵子の凍結保存へ女性たちの関心は高まるだろう。

 「若いうちに産む」「産まない」「卵子を凍結しても産む」......。それぞれの生き方、ライフスタイルによって、妊娠・出産をコントロールする時代が到来するのかもしれない。
(文=編集部)