皆さん、こんにちは、駒場野です。

日本サッカーに遅れて、世の中も4月1日から新年度に入りました。今年も各企業でいろいろなネタが振られ、Jリーグでも「東京ヴェルディーズ」というベースボールクラブの発足とグッズ販売・オーダー投票の発表がありましたが……そのせいで、「ザハ・ハディド氏急逝」のニュースが今でも信じ切れません。致命的な欠陥があった原案を採用するのは反対でしたが、その後の新国立競技場問題の迷走は、彼女にとっても非常に不幸な事態でした。どうか安らかにお休み下さい。

そう、その新国立の件で長引いていたので見送った話題の一つが、障害者サッカーでした。

しかし、これは本当に4月1日の決定で、7つの連盟が参加した統括団体になる「日本障がい者サッカー連盟」(JIFF)が発足しました。同連盟は日本サッカー協会(JFA)の協力団体として加盟し、運営面でもJFAの北澤豪理事が会長、グラスルーツ推進部の松田薫二部長が事務局長として全面的にサポートする体制を作りました。

日本障がい者サッカー連盟(JIFF)

≪ステージ前に映し出された「JIFF」のロゴ。中央の赤い輪は、「無限大の可能性」を示す「∞」の記号。同時に、JFAと障がい者サッカー7団体、合計8団体の連帯を示すとも≫

第1回会議後に行われた記者会見には、スポーツ庁の鈴木大地長官、日本障がい者スポーツ協会と日本パラリンピック委員会の両組織を兼務する鳥原光憲会長が駆け付け、さらにシリア戦の前に収録したというフル代表の長谷部誠・川島永嗣・香川真司の3選手も動画メッセージを寄せました。

記者会見場のヴァーチャルスタジアムは盛況で、この日に正式就任した田嶋幸三JFA会長も「新会長の初仕事がこれだった事を嬉しく思います。私の実家も長崎で肢体障害者の授産施設を運営していたので、障がい者の皆さんの事は身近に感じていた」と笑顔満面で語っていました。

「日本障がい者サッカー連盟」(JIFF)公式サイト
http://www.jiff.football/

日本障がい者サッカー連盟(JIFF)

≪記者会見場の「JFAヴァーチャルスタジアム」の上に掲げられた、JIFFのスローガンと各参加団体のロゴ≫

ただ、この日までには長い時間がかかり、今でも多くの課題が残っています。今回のコラムではその部分を掘り下げてみます。

その前に、これをまず。

日本の法律では、病気やケガなどの様々な理由で日常生活や社会活動に制限がかかる人達を「障害者」(しょうがいしゃ)と表現します。政策の基本は「障害者基本法」で決められますし、JIFFの発足と同じ日に施行した法律も「障害者差別解消法」です。ただ、「害」の字を嫌い、鳥原会長の団体のように「障がい者」にする表記も増えました。

実際はどちらでも良いと思いますが、今回は「障害者」で統一し、固有名詞で使われる場合はその通りに書きます。また、これ以外にも時代の変化で使われなくなった用語もありますが、固有名詞の場合はそれを尊重していきます。

7団体の多彩な顔ぶれ

では、JIFFに今回参加した7団体の顔ぶれを、対象となる障害者やルールなどをリストにしてみましょう。長い表になったので、団体や競技の名称を<表1>、各競技のピッチサイズや選手数、それに特別ルールの一覧を<表2>にしました。特別ルールは国際規定などの違いなどを細かく見ていくとキリがないので、基本的には国内での公式戦を基本に書いています。

出典はJFAのグラスルーツ推進部が2015年12月に作成した『障がい者サッカー HAND BOOK』、これに私が一部修正を加えました。本文はJIFFの公式サイトからPDF版がダウンロードできます。

<表1>JIFF参加団体の一覧と競技名称・基本ルール

日本障がい者サッカー連盟(JIFF)

<表2>JIFF参加団体が行う競技での各種特別ルール

日本障がい者サッカー連盟(JIFF)

改めてみると、「障がい者サッカー」という名の下に非常に多様な競技が行われている事に驚きます。もちろん、これは「誰でも安全に楽しくサッカーができる」ために必要なルールでもあります。

そして、競技の多くは健常者との協力で成立している事が良くわかります。ブラインドサッカーではガイドによる的確な指示が必要ですし、それ以外でも運営や審判、あるいは医療面でのサポートなどで健常者の参加が欠かせません。言い換えれば、「障がい者サッカーは障がい者のためだけではなく、本当に誰でも参加できる存在」です。

「自分や家族がその障害を負ったから関わった」以外の理由でも、それこそバリアフリーでアクセスできる存在だと、この表を作成して改めて感じました。

「みんなちがって、みんないい」とは言えない

ただ、これだけ多様な「障がい者サッカー」をまとめるには、本当に大きな苦労があった事が想像できます。JFAの田嶋会長は「十数年の懸案だった」と言いましたが、それはJIFF発足の準備段階として2015年に始まった「障がい者サッカー協議会」で、4月22日の第1回会合後の記者会見にだけ行った程度の私ですら感じました。

それが分かるのが次の<表3>、各団体の組織形態や登録者数です。

<表3>JIFF参加団体の組織形態・登録者数

日本障がい者サッカー連盟(JIFF)

昨年の第1回協議会に参加した各団体の理事や事務局長に私が質問したのが、この<表3>の穴埋めでした。名称を見れば対象者はほぼ分かりますが(ソーシャルは別として)、どれだけの方が集まっているかはぜひうかがいたかったのです。

すると、その内容には大差が。競技人口が最も多いという知的障がい者連盟(JFFID)は法人化がまだで、登録制度も作っていません。一方、アンプティ協会(JAFA)はNPO法人ですが、登録チーム自体が全国で7つしかなく、名古屋に住む参加希望者は神奈川か大阪まで行かないとチームに入れない状態です。また、指導者ライセンス制度があるのはブラインド協会(JBFA)のみ、審判ライセンスも電動車椅子(JPFA)を加えた2団体だけです。質問して良かったと思いましたが、これは大変だとも感じました。

また、団体が目指す方向もかなり違います。例えば、ブラインドサッカーは昨年のリオパラリンピック予選で大変盛り上がり、ここでの敗退の悔しさを2020年の自国開催で返そうと意気込んでいます。一方、CPサッカーはこの東京パラリンピックで実施種目から外れ、体制の立て直しが避けられません。

さらに、ソーシャル協会(JSFA)の考え方は他団体とかなり違います。先日の会見でも原田裕之選手が「治療の一環として、社会復帰を目指している自分達の姿をみんなに見てもらいたい」という希望を語っていました。多くの身体障害では機能回復が主眼で、「障害そのものの解消」はほぼ考えられないはずですが、メンタルダメージの回復ならば、長期間の継続治療を続ければ軽快化やその維持も十分可能です。そもそもの前提が違うなら、求めるものも変わっていくでしょう。

サッカーを通じて何を実現するか、それぞれの思いにはそれぞれのちゃんとした理由がありますが、これをまとめて「障がい者サッカーの発展」につなげるには、どうしても調整や譲歩が必要な場面が出てくるでしょう。JFAのグラスルーツ部も含め、こちらも根気強い作業が必要になりそうです。

「私も同じ」ユニフォームを

この日の記者発表では、ソーシャル協会(JSFA)以外の各団体から日本代表選手が登場し、それぞれの感想を述べました。脳性麻痺や知的障害のある選手も自分の思いをつむぎ、競技普及への希望を語りました。

その中で最も雄弁だったのは、アンプティサッカーのエンヒッキ松茂良(まつもら)ジアスでした。サンパウロ出身で日系3世の彼は『障がい者サッカー HAND BOOK』でも「日本国内での普及のきっかけ」と紹介されるほどの選手で、2010年から3大会連続で日本代表としてW杯に出場していますが、「今でも僕はブラジル人なのですが」と切り出した上で、2007年、18歳の時にブラジル代表としてトルコでのW杯に出た経験を話しました(FIFAほどの厳しい国籍変更制限はないようです)。

「片足でも、ここにいる記者の皆さんの半分よりは上手くプレーできます」と自信を見せる彼は、「ブラジル代表ではセレソンと同じユニフォームを着る事ができて、気持ちがものすごく変わった、日本でもぜひ代表と同じユニフォームを着させて欲しい」と訴えました。

確かにウェブ記事の中では、フル代表の「SAMURAI BLUE」とは違ったユニフォームの日本代表と、懐かしいナイキの「丸数字」デザインのブラジル代表の写真が見られます。

ウェッジ・インフィニティ 大元よしき:
「交通事故で右足切断 アンプティサッカー・ブラジル代表に 日本で実現したい「夢」
アンプティサッカー エンヒッキ・松茂良・ジアスさん(ブラジル銀行)」
(2013年7月30日付)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3023

この言葉は田嶋の胸を強く打ったようです。会見後、記者に囲まれた中で出たのが、いくつかの新聞記事にも出ている「いろいろな問題はあるが、それを話し合いでクリアして早く進めたい」という言葉でした。実際には、「いろいろと(グラスルーツ部を通じて)聞いていたけど、やっぱり選手本人の口から直接聞いちゃうとね、何とかしないといけないよね」という感激を浮かべながら。

そう、これも大変な作業です。そもそも現時点では、JFAのオフィシャルスポンサーであるアディダスと契約しているのは、私が確認した限りでは7団体の中で脳性麻痺協会(JCPFA)とブラインド協会(JBFA)だけ。組織によっては他のブランドとスポンサー契約をしている所もあり、「確かにそう簡単にはいかない」のが分かります。

それでも、「日本代表」として戦うならばあのユニフォームを着たいという言葉は、アディダスの別デザインユニでパラリンピック予選を戦ったブラインドサッカー代表の川村怜からも聞かれました。その熱意が実る事を、私も願っています。

プレイしよう、まずはそれから

まあ、他にも言いたい事はたくさんあります(苦笑)。

「初めてJFAに来た、気持ちがワクワクする」と、ある意味で一番はしゃいでいたのが鈴木大地でしたが、「障害者の各大会にお客さんが満員になるように助ける」以前に、スポーツ庁長官として「どの種目でも障害者が楽しめるような環境整備」も欠かせないのではと思いました。

鈴木は前職の日本水泳連盟(水連)会長時代に知的障害・ろう者・障害者の3団体が加盟する「日本障がい者水泳協会」を設立させて水連に加え、ソウル五輪の金メダルとともに組織運営でも有能さを見せましたが、JFAや水連のような予算のない、財政が苦しい協会での身障者競技支援に期待したいです。

JFAに対しても、「外的要因」がJIFF設立を急がせたのではと。第1回協議会のあった2015年4月から障害者の雇用義務が発生していましたが、この時点では約160人の職員の中に障害者はいないという回答だったのです。採用により課徴金の支払いが不要になるまでには多少の時間があったようです。

それでも、JIFFの発足が素晴らしい事は変わりません。

現役時代から最近までずっと障害者サッカーに関わり、JICAオフィシャルサポーターとして社会貢献活動にも見識が深い北澤はJIFFの初代会長に最適任だと思いましたし、サッカーファミリーの拡大に加えて「大切なのは日常を変える事」という意識で他団体やスポーツ庁との協力を進めようというその抱負にも全面的に賛同します。

また、「グラスルーツ推進・賛同パートナー」の認定条件に「障がい者サッカー」への取り組みを加え、CPサッカー日本代表監督に「こころのプロジェクト」(ユメセン)専属講師だった安永聡太郎を充てるなど、強化の部分にもJFAが本腰を入れているのが伝わってきます。そしてこれは、イングランドのFAを別にすれば世界でも先進的な取り組みになるはずです。FIFAも障害者サッカーの各国際団体とは公的関係をまだ築けず、これもJIFF発足の障害になっていたからです。

ブラインドサッカー日本代表の川村怜は、「普段の大会では家族ぐらいしかいないが、去年のパラリンピック予選では有料なのに1千人や2千人のお客さんが来てくれて胸に響いた」とコメントしました。この時はJFA公式での告知が出来ず、サポーター有志による本当の「草の根支援」で何とか宣伝をしていましたが、それでも従来の障害者大会では考えられないほどの観衆が詰めかけました。

確かにそれぞれの障害者サッカーはまだまだ知名度が低く、昨年の協議会の後には「ケガが恐いので障害児には運動をさせない、部活動という概念自体がない特別支援学校が大多数」というお話もうかがっていましたが、その流れが大きく変わり、誰もが自分の年齢や身体の状況に合わせてサッカーを、あるいは他の種目を楽しめる、そんな社会が来る事を願っています。

こう書く私自身も、障がい者サッカーまではなかなか手が回らないです。Qoly読者の皆さんにどれだけ関心を持ってもらえるかが不安ですし、去年の協議会の時にコラムを書こうとしたら新国立問題の面々のデタラメさに押されてタイミングを逃し、ブラインドサッカーのリオ大会予選も出遅れて取材に行けずじまいという情けなさ。それでも、何とかこの分野にも目を配り、少しでも興味深いニュースをお届けしたいと願っています。

ですので、どうか皆さんも障害者サッカーのニュースを見たら、シェアしてみてください。田嶋会長がメディアの役割に期待したように、読者の皆さんのこのアシストで、まだ「サッカーの楽しさ」が自分にも来ると知らない人に、きっと届くと思うのです。

筆者名:駒場野/中西正紀

サッカーデータベースサイト「RSSSF」の日本人メンバー。Jリーグ発足時・パソコン通信時代からのサッカーファン。FIFA.comでは日本国内開催のW杯予選で試合速報を担当中。他に歴史・鉄道・政治などで執筆を続け、「ピッチの外側」にも視野を広げる。思う事は「資料室でもサッカーは楽しめる」。

サイト: http://www.rsssf.com/
Twitter: @Komabano
Facebook: masanori.nakanishi