2日、中華網は記事「石家荘市の偽スフィンクスが撤去される」を掲載した。14年に登場した偽スフィンクスだが、エジプト政府が撤去を申し入れ国際問題となっていた。写真は偽スフィンクス。

写真拡大

2016年4月2日、中華網は記事「石家荘市の偽スフィンクスが撤去される」を掲載した。

【その他の写真】

14年5月、河北省石家荘市の映画撮影セット兼観光地の長城映画基地に偽スフィンクスが登場した。全長60メートル、全高20メートルとほぼ1分の1サイズだ。存在を知ったエジプト政府は世界遺産条約違反として撤去を求めてきた。

そしてこのたびついに偽スフィンクスが取り壊された。2年近くにわたり国際問題となってきたが、あっという間にばらばらにされてしまった。(翻訳・編集/増田聡太郎)