「パリを眺める人々」を上から眺めてみた

写真拡大

年間1,500万人もの人々が観光に訪れる街、パリ。セーヌ川からこの街を眺める観光客たちを日々、橋の上から撮影しているフォトグラファーがいる。彼の写真が写すのは、パリの日常のなかに隠された小さなストーリーだ。

SLIDE SHOW 「「パリを眺める人々」を上から眺めてみた」の写真・リンク付きの記事はこちら
10

2/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

11

3/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

12

4/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

13

5/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

14

6/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

15

7/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

16

8/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

2

9/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

3

10/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

4

11/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

5

12/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

6

13/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

7

14/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

8

15/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

9

16/16PHOTOGRAPH BY ADRIAN SKENDEROVIC

Prev Next

パリは、“光の都”だ。しかし、単に“観光客の都”と呼んでもいい。ある統計によると、パリは世界で5番目に人気のある旅行先であり、毎年およそ1,500万人もの人々が訪れるという。

そして、その観光客の多くがセーヌ川のボートから観光することを選ぶ。理由は簡単だ。ノートルダム、エッフェル塔、ルーヴル美術館といったパリの荘厳な建物や象徴的なモニュメントをリラックスして見られるからである。

パリのフォトグラファー、エイドリアン・スケンデロヴィッチの「Down the River」シリーズは、地元民にとっては見慣れた風景に対する観光客たちの反応を観察している。

「立派な建物が日常の一部になってしまい、地元の人々は見向きもしません。わたしは、初めてパリの街に出合った人々が目を大きく見開いたその瞬間を撮りたい。パリの街を見ている人々を見ていたいのです」と、彼は言う。

アイデアは3年前、彼がパリ中心部にある自宅近くの橋で写真を撮っていたときに舞い降りた。1槽の船が通り過ぎ、彼は何も考えずに写真を撮った。それが特別な何かの始まりだったということに彼が気づくのは、そのあとのことだ。

スケンデロヴィッチは船に魅了された。彼は朝に、いつも同じ橋から写真を撮るのが好きである。鳥瞰のような風景は素晴らしい視点をもたらし、船の座席は色の点となって興味深い線形をつくりだすのだ。

しかし、パリの不思議を明らかにする写真を形づくるのは、そこに映る人々である。「日常のなかの特別な一瞬こそ、わたしが船のなかに見つけようとしているものなのです」と、彼は言う。

フォトグラファーであるスケンデロヴィッチは、慎重でいなくてはならない。なぜなら、観光客はフレンドリーすぎる傾向にあるからだ。カメラを持っている彼を見つけると、観光客たちはよく笑顔で手を振ってくる。素敵なジェスチャーではあるが、それは最高の写真にはならない。彼は人に気づかれないように写真を撮るのが好きだ。それゆえ彼は、船が近づくと上を向き、カメラを下向きにして、シャッターを切る。

もちろん、観光客のなかには、あまりに夢中になりすぎていて、彼に気がつかない人もいる。しかし、彼らが美しい風景に夢中になっているとは限らない。「何枚かの写真には、人々がスマートフォンを見ている様子が写っています」「彼らは地球で最も美しい街で船に乗っているのに、周りを見わたすのではなくスマホを見ているのです」

スケンデロヴィッチは、彼の前を通り過ぎるすべての船の写真を撮影し、家に帰ってから写真を分類する。彼の編集の目は肥えており、被写体の小さな動作を、そして日常が垣間見えるものを探し出していく。

2人の人物がイスを挟んで座っている写真を見ながら、彼は話す。彼らはカップルだろうか? ケンカでもしているのだろうか? そもそも知り合いなのだろうか? すべての写真は何かを語り、興味深い何かを解き明かしてくれる。

「日常に目を向け、そこからストーリーを想像してもらいたいのです」と彼は言う。

関連記事夏のビーチを上から見れば、美しい幾何学模様が浮かんでくる