Gmailのエイプリルフール機能、苦情殺到ですぐ削除

写真拡大

グーグルは4月1日(米国時間)、「Gmail」のエイプリルフール機能を公開したが、ユーザーからの苦情が相次ぎ、わずか数時間で取り下げざるを得ない状況に追い込まれた。

「Gmailのエイプリルフール機能、苦情殺到ですぐ削除」の写真・リンク付きの記事はこちら

グーグルは4月1日(米国時間)、「Gmail」でエイプリルフールのイタズラ機能を公開したが、わずか数時間で取り下げざるを得ない状況に追い込まれた。使ったユーザーから、「トラブルが起きた」「仕事に支障が出た」との苦情が相次いだからだ。

グーグルは、3月31日付けの深夜のブログ投稿で「Mic Drop」(マイクを落とす)ボタンを紹介した。

通常メールを書き終わったあとに押す「Send & Archive」(送信してアーカイヴする)ボタンを、「Send & Mic Drop」(送信してマイクを落とす)に置き換えた面白機能で、同時に、自動的に映画『怪盗グルー』に出てくる陽気なミニオンのGIFを追加するというものだった。

グーグルによる投稿にはこう書かれていた。「本日よりGmailでは、どんな電子メールに対しても、トドメの一言を簡単に送れるようになりました。送信時に、新しい『Send and Mic Drop』ボタンを使うだけです。相手にメッセージは届きますが、その件に関してメールのやり取りをするのはそれが最後。相手が返信しようとしても、あなたに届くことはなくなります」

残念なことに、これを面白いと思ったユーザーは多いとはいえなかった。

ひどく怒ったあるユーザーは、グーグルのフォーラムに次のように書いた。「Mic Dropのせいで仕事を失った。わたしはライターで、守らなければならない締め切りがあった。書いた記事を上司に送信したが、向こうからはまったく返事が来なかった。メール送信時にうっかりMic Dropボタンを使ってしまったためだ」

「記事に修正を入れなければならない部分があったのに、上司からの返信を受け取れなかった。上司は、Mic Dropのアニメーションを無礼と感じ、上司からの指示は取るに足らないとわたしが思っている(だからマイクを置とした)から返信してこないのだと考えた。激怒した上司からのヴォイスメールにたたき起こされ、そのとき初めてこの『陽気な』イタズラに気づいた」

デザイナーのアンディー・バイオは、葬祭ディレクターが意図せずおふざけGIFを顧客候補に送ってしまうという、「最悪のシナリオ」をでっち上げた。

WHAT A HARMLESS APRIL FOOL'S JOKE, WHAT COULD GO WRONG pic.twitter.com/Maw8a6VUSA

— Andy Baio (@waxpancake) 2016年4月1日

「お嬢様のこと深くお悔やみ申し上げます。義弟のスミスさまから、ご葬儀の準備についてご依頼を受けました。精一杯務めさせていただきますので、どんなことでもお申し付けください。ウォーカー葬儀センター」

グーグルはすでにこの機能を取り下げている。同社は、「今年は悪ふざけが過ぎました」と謝罪した

グーグルの社員であるクリスタル・シーは、フォーラムへの投稿でこう述べている。「どうやら今年は、悪ふざけをしすぎてしまったようです。Mic Dropにはバグがあり、気づかぬうちに、笑いより頭痛の原因となってしまいました。本当に申し訳ありませんでした。Mic Drop機能はすでに姿を消しています。画面上にまだ表示されている場合は、Gmailのページをリロードしてください」

Gmailチームの最初の投稿にあった説明画像。メールのスレッドで続く不毛な論争(猫と犬のどちらを飼うべきかなど)を終わらせる場合を意図していた模様だ。