1日、国際映画祭が毎年開催される仏カンヌの高級ホテルに、中国の俳優リウ・イエの名前を冠したスイートルームが誕生した。写真はリウ・イエ。

写真拡大

2016年4月1日、国際映画祭が毎年開催される仏カンヌの高級ホテルに、中国の俳優リウ・イエ(劉[火華])の名前を冠したスイートルームが誕生した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

カンヌの高級ホテル「インターコンチネンタル・カールトン」に誕生したもの。同ホテルはシネマスターの名前を冠したスイートルームがあることでも知られる。ここに、新たに俳優リウ・イエの名前を付けた130平米のスイートルームが誕生した。アジアの男性スターの名前が付けられたのは、これが初めてとなる。

中国メディアによると「リウ・イエ スイート」は、女優シャロン・ストーン、俳優ショーン・ペンという2人のビッグスターの「お隣さん」だ。室内にはリウ・イエの写真が飾られているほか、中国風の装飾が施され、これは世界的に有名な華人インテリアデザイナー、Khuan Chew氏が手掛けたものとなっている。

リウ・イエはフランスと縁が深く、妻はユダヤ系フランス人。仏新聞社の記者として北京に駐在していた時に知り合い、結婚している。最近では2人の間にできた中仏ハーフのかわいらしい子供たちが、テレビ番組などに出演して人気を集めている。また、リウ・イエは13年、フランスの芸術文化勲章シュヴァリエを受章している。(翻訳・編集/Mathilda)