2015年12月1日より労働安全衛生法が改正され、ストレスチェック制度が施行されました。ストレスってどの程度のこと? ストレスチェックの方法は? 気になるストレスチェックについて調べてみました。

アメリカでは一般的にあるストレスチェック

メンタルケアを専門医に委ねるアメリカでは、企業や学校でのストレスチェックは一般的です。ホームドクターにカウンセリングをしてもらう様子が映画やドラマでも登場しますね。日本ではメンタルケアは自己管理で、誰かにメンタルの不調を知られるのは恥だという文化が続いたため、ストレスチェックなどの習慣はありませんでした。しかしブラック企業と呼ばれるような極めて労働条件が過酷な状況で心身の不調を訴えたり、ストレスによる自殺や過労死が問題視されています。労働者が自分のストレスの状態を知り、ストレスが高い状態の場合には医師の面接を受ける、会社側に仕事の軽減などの措置を実施してもらう、職場の改善につなげるなどし、うつ病などのメンタルヘルス不調を未然に防止するための仕組みとしてストレスチェックが義務付けられたのです。

企業で行われない場合はセルフチェックを

今回ストレスチェックが義務付けられたのは、労働者が50人以上いる事業所。契約期間が1年未満の場合や、通常の労働者の所定労働時間の3/4未満の短時間労働者は対象外となっています。自分の勤務先でストレスチェック制度が実施されているかは、社内規定や実施についての告知がされているはずなので調べてみましょう。2016年11月末までに1回は実施する必要があります。対象外の場合でも、セルフチェックで自分のストレスを知ることが大切です。

自分では気付かなくても……

ストレスには精神的なストレスと肉体的なストレスがあります。特に精神的なストレスに関しては、自覚がなくてもストレスを受け続けていることもありえるのです。不調が起こる前に自分のストレスの状態を知ることは仕事を円滑に進めるためにも大切なこと。インターネットでは、無料でストレスチェックができるサイトが多数あります。これらを活用して自分のメンタルのタイプやストレス状態、ストレス解消法などを知ることも有効ですね。

社会人は仕事内容だけではなく人間関係でもストレスを感じやすいので、皆さんも定期的なストレスチェックを行い、セルフケアに役立ててくださいね。


writer:しゃけごはん