葵わかな

写真拡大

ドラマ『マネーの天使〜あなたのお金、取り戻します!』にレギュラー出演し、初主演映画『ホラーの天使』の公開も待機中の葵わかなが、4月2日にパルコブックセンター渋谷店で「オフィシャルカレンダー 2016.4→2017.3」(3月30日発売)の発売記念イベントを行った。

葵わかなのその他の写真

本カレンダーは、これまでに発売されたカレンダーで見せてきた制服・学校など“スクール感”をテーマにした爽やか美少女から一転、ちょっぴりオトナなハニカミ顔やアンニュイ顔など、少女からオトナの女性へと美しく進化し続ける“今”の葵の魅力が詰まった1冊。

昨年のカレンダー発売イベントから約1年ぶりとなるこの日のイベントには、およそ400人のファンが駆けつけた。

撮影現場での思い出について聞かれると、「当日は寒くて雨や雪がぱらつく中での撮影だったのですが、ノースリーブで走り回ったりしていました。お気に入りのカットの駄菓子屋さんで、ラストカットだったのですが、ロケ地は柴又のとても大きな駄菓子屋さんで、山ほどお菓子を買って帰ったとことも印象に残っています」とコメント。

お気に入りカットを選らんだ理由は「駄菓子がとても好きだから(笑)」だそうで、「この地図柄のワンピースは、衣装合わせの時から一番気に入っていた衣装で、写真全体としてもカラフルでかわいいのでとても気に入っています。持っている大きな飴は、現場でスタッフさんに買ってもらいました(笑)。とても自分らしさが出ている写真なのでこれを選びました」と振り返った。

この春からは高校3年生。卒業までにやっておきたいことを聞くと、「ラーメンが好きなので、放課後に“制服ラーメン”をしたいです。ラーメンは、基本はワンタン麺が好きで、特に海老ワンタンが好きです。ほかにも最近はちょっとピリ辛めなみそラーメンも好きです」と返答。ほかに文化祭でやってみたいこととして「焼きそば屋さんの売り子」を挙げ、「高校生なので少しハイレベルなものをやってみたいです。『いらっしゃいませ〜!』と言いながら焼きそばを作ってみたいです」とニッコリ。

今後の女優としての抱負については「まだまだ未熟なのでどんな役でも色んなものに挑戦していきたい」とコメント。具体的には自身のイメージとは真逆の役を演じてみたいそうで、「クラスのトップを張っているギャルの役とか、ものすごく性格のひねくれた役とか、普段の自分では体験できない様なことが体験できると思うので挑戦してみたい」と答えた。

さらに歴史が大好きだそうで、「歴史上の人物を演じてみたいです。明治・大正時代の洋服などもとても自分好みのものが多いので、その時代の役を演じてみたいと思っています。特に世界史が好きなので、エリザベートやベルサイユのばらなどの役を演じてみたいです」と話していた。

【関連記事】
葵わかなは焼き芋好き! カレンダー発売イベントでファンと半分こ
[動画]乙女新党と中学校を卒業の葵わかな、1ランク上の女優目指したい
[動画]『瀬戸内海賊物語』柴田杏花&葵わかな&大森研一監督インタビュー
「乙女新党」の葵わかな、1ランク上のレベルの女優を目指したいと卒業後の夢語る