台湾・高雄でマンガ・アニメフェス  限定商品に多くの人

写真拡大

(高雄 3日 中央社)高雄アリーナで2日、第1回高雄国際マンガ・アニメフェスティバルが4日間の日程で開幕した。4連休の初日に重なり、限定商品やイベント目当てに多くの来場者が詰め掛けた。

会場周辺には午後1時からの開場を前に早朝から行列ができる盛況ぶりとなった。中には思い思いのコスプレを楽しむ人の姿も。開幕式には陳菊高雄市長に容姿が似ているとされるマンガ「あたしンち」の母が登場したほか、文化部(文化省)の蔡炳坤政務次長らも出席した。

主催者側はこれまで同様のイベントは南部ではあまり開かれていなかったと話す。今回多くの出版社が高雄限定の商品を用意したことに触れ、「南部のファンにお返しする」と語った。

(程啓峰/編集:齊藤啓介)