Google、エイプリルフールでGmailに仕込んだジョークGIF送信機能を謝罪。上司に誤送信し洒落にならないケースも

写真拡大

 
毎年4月1日のエイプリルフールは、いろいろな企業がおもしろネタを繰り出して話題となります。Google もまた、今年もいくつかのエイプリルフールネタを繰り出していました。ところがそのなかでも Gmail に仕込んだいたずらは、エイプリルフールだからと笑って済ませられるものではなかったようです。
4月1日、ウェブ版の Gmail には、「Mic Drop」と称するジョーク機能が仕込まれていまいた。メール作成画面の送信ボタン右に現れた、オレンジ色の「Send + "マイクを落とすアイコン"」ボタンがそれ。この Mic Drop ボタンを押してメールを送信すると、相手には映画のキャラクター「ミニオン」がマイクを落とすアニメ GIF を添付して送信し、以後は相手からのメールは受け取らなくなります。

 

件のGIF via GIPHY

彼の国ではマイクを落とすジェスチャーは「これ以上、話す必要はない」「はい、論破」的な、議論を強制終了する意味に解釈されます。最近では天文学者ニール・ドグラース・タイソンが地球平面説とともに"ビーフ"をしかけてきたラッパー B.o.B に対して反論し、最後にマイクを落とすパフォーマンスを披露したのが思い出されます。

Gmail のMic Drop 機能がさらに問題だったのは、せっかく書いたメール本文がは送信されるものの、以後は相手からのメールを受け取らない仕様だったこと。通常の送信ボタンのすぐ横に Mic Drop ボタンを置いたため、まちがって Mic Drop ボタンを押し、そのことに気づかないユーザーも多かった模様。これではまったく洒落になっていません。

また真偽は定かではないものの「上司に重要な業務内容のメールを返信したところ Mic Drop ボタンを押していたのに気づかず、後になってクビを言い渡された」といった事例まで飛び出し、多くのユーザーから苦情が寄せられる事態となりました。

Google の Gmail チームは「業務向け Gmail app には Mic Drop は実装しなかった」としているものの、Mic Drop 機能が軽率だったことを認めて謝罪、機能をオフにしました。また、Mic Dropボタンを押したことで送信されなかったメール本文を改めて宛先に送信しなおす処置を実施したとのこと。

エイプリルフールは年に一度だけ「嘘」をついても笑い合って済ませられる日。とはいえ、本人はジョークのつもりでもひとたび相手への配慮に欠けてしまうと、仕掛ける側の独りよがりにしかなりません。Gmail は身を持って悪い方の例を示してしまったようです。
 

訂正とお詫び:初出時、Mic Dropボタンを押すと「自分のメールが相手に届かない」としていましたが、正しくは「送信後は相手からのメールを受け取らなくなる」でした。お詫びして訂正します。