30日、韓国京畿道城南市にある飲食店の店主が退職した従業員に対し、滞納していた賃金のほとんどを10ウォン硬貨の小銭で支払ったことが分かり、韓国で話題となっている。写真は韓国ウォン。

写真拡大

2016年3月30日、韓国・KBSによると、韓国京畿道城南市にある飲食店の店主が退職した従業員に対し、滞納していた賃金のほとんどを10ウォン(約1円)硬貨の小銭で支払ったことが分かり、韓国で話題となっている。

2月27日から6日間、城南市の中華料理店で配達の仕事をしたキムさん(46)は最近、支払われていない賃金29万ウォン(約2万9000円)を店主に請求した。しかし、店主が賃金を支払わなかったため、キムさんは雇用労働部へ訴えた。すると店主は独自の方式で計算した賃金17万4760ウォン(約1万7480円)を29日に支給したが、店主は1000ウォン(約100円)札4枚を渡し、残りの金額をすべて10ウォン硬貨などの小銭で支払った。

キムさんは「店主と2人で配達業務をする条件で仕事を始めたが、厨房のスタッフが全員仕事を辞めたため、店主が厨房の仕事を手伝い、自分が1人で配達を担当することになった」とし、「仕事量が多過ぎたため辞めることにしたが、店主は『急に辞めたから』との理由で賃金を支給しなかった」と説明した。

これについて、韓国のネットユーザーからの意見は店主を擁護するものが多く、「仕事を急に辞める方が悪い」「なぜか店主の怒りの気持ちが理解できる…」「被害者は店主の方!従業員の行動は誠実さに欠ける」「賃金をもらえただけでも感謝するべき」などのコメントが寄せられた。

一方で、「幼稚な嫌がらせだ」「その飲食店で食事して、もらった小銭で支払えばいい」「店主側の主張も聞かなければどちらが悪いか判断できない」とのコメントも見られた。(翻訳・編集/堂本)