女性建築家、ザハ・ハディドが遺したもの

写真拡大

2016年3月31日に急逝した建築家、ザハ・ハディド。彼女の建築は、性差への差別が根強く建築業界にとって、あるいはこうあるべきという固定観念にとって、つねに反抗そのものだった。

SLIDE SHOW 「女性建築家、ザハ・ハディドが遺したもの」の写真・リンク付きの記事はこちら
ヘイダル・アリエフ・センター

2/11ヘイダル・アリエフ・センター|内観。PHOTOGRAPH COURTESY OF HELENE BINET/ZAHA HADID ARCHITECTS

ヘイダル・アリエフ・センター

3/11ヘイダル・アリエフ・センター|内観。PHOTOGRAPH COURTESY OF IWAN BAAN/ZAHA HADID ARCHITECTS

広州オペラハウス

4/11広州オペラハウス|中国、広州に2010年5月に完成。1,800席のオペラハウスと400席の多目的ホール、および両者をつなぐプラットフォームからなる。PHOTOGRAPH COURTESY OF VIRGILE SIMON BERTRAND/ZAHA HADID ARCHITECTS

MMM

5/11メスナー・マウンテン・ミュージアム|イタリア、南チロル。登山家ラインホルト・メスナーが設けた博物館施設。2015年7月に完成。PHOTOGRAPH COURTESY OF INEXHIBIT/ZAHA HADID ARCHITECTS

ジョッキークラブ・イノヴェイション・タワー

6/11ジョッキークラブ・イノヴェイション・タワー|香港。2013年完成。PHOTOGRAPH COURTESY OF AMANDA LARGE & YOUNES BOUNHAR/ZAHA HADID ARCHITECTS

東大門デザイン・プラザ

7/11東大門デザイン・プラザ|韓国、ソウル。2014年3月完成。PHOTOGRAPH COURTESY OF VIRGILE SIMON BERTRAND/ZAHA HADID ARCHITECTS

ヴィトラ消防署

8/11ヴィトラ消防署|ドイツ、ヴェイル・アム・ライン。1993年に完成し、彼女の名声を確たるものとした。PHOTOGRAPH COURTESY OF CHRISTIAN RICHTERS/ZAHA HADID ARCHITECTS

アクアティクス・センター

9/11アクアティクス・センター|イギリス、ロンドン。2012年のロンドン五輪の水泳競技の会場となった。PHOTOGRAPH COURTESY OF HUFTON CROW/ZAHA HADID ARCHITECTS

アクアティクス・センター

10/11アクアティクス・センター|内観。PHOTOGRAPH COURTESY OF HUFTON CROW/ZAHA HADID ARCHITECTS

BMWセントラル・ビルディング

11/11BMWセントラル・ビルディング|ドイツ、ライプティヒ。2005年5月に完成。PHOTOGRAPH COURTESY OF HELENE BINET/ZAHA HADID ARCHITECTS

Prev Next

65歳で突然の死を迎えたザハ・ハディドは生前、「われわれの時代における最も重要な女性建築家」と呼ばれた。ほかにも呼び名はさまざまだったが、必ずそこには「女性」の一語がついてまわった。

あらゆる分野において、この修飾語はもはや不適当だ(2016年のいま、いったい誰が「彼女はわれわれの時代における最も偉大な女性俳優だ」なんて言うだろう?)。が、建築の分野には、いまだに強固かつ根強い性差がある。全米建築家協会が2013年に計算した最新のデータによれば、建築課程に登録している学生の約半分が女性であるにもかかわらず、そのうち建築士免許を取得しているのはたったの18パーセントでしかない。建築事務所で監督責任者として働く女性の割合はさらに低く、5パーセント程度だ。

つまり、ハディドは“例外”だったのだ。彼女はテクノロジーを推進し、自らの手で描くものに適用した。パラメトリックデザインによる彼女の前衛的な設計、つまり、ある種のパラメーターを分析するソフトウェアによるアルゴリズムドリヴンな設計は、パラメトリシズムと呼ばれる独特なスタイルとなった。

2004年にハディドは女性初のプリツカー賞を受賞したが、妹島和世が同賞を受賞したのはその6年後のことで、その栄誉自体、共同設計者である西沢立衛とともに分かち合ったものだ。ハディドはまた、16年にロイヤル・ゴールド・メダル(RIBAゴールドメダル)を受賞したが、受賞当時、男性が支配する分野において女性であることがいかに困難かについて、次のように述べている。「いまや、より多くの女性建築家が活躍する姿が見られるようになりました。しかしそれは、建築業界が女性に対して寛容になったということではありません。挑戦は、時に計り知れないものとなります」

01.-London-Aquatics-Centre_photo-Luke-Hayes-1024x683

ロンドンの「アクアティクス・センター」内部。ロンドンでの五輪開催が決定する以前の2004年に設計され、08年に契約締結。コスト高騰によって当初の3倍に上る建設費が見積もられたが建設予算は確保され、11年7月に完成した。PHOTOGRAPH COURTESY OF LUKE HAYRES/ZAHA HADID ARCHITECTS

「彼女が話してくれたのを、よく覚えています。女性として、ムスリムとして、またアラブ人として、男性支配のきわめて強い英国建築協会付属建築専門大学(AAスクール)に行くことの厳しさについて」と語るフィラデルフィア美術館館長のキャスリン・ヒースィンガーは、2011年に開催された展示会「zaha hadid: form in motion」において、ハディドと密なやり取りをした人物だ。「当時の彼女は、ほかの惑星から来た生命体のように見えたのでしょうね。彼女はヘッドスカーフを被っていたけれど、それもすぐに身につけなくなったと言っていました。それを被っていると、望外に目立ってしまうから」[ハディドは1972年に渡英、AAスクールに学び、77年に卒業している。]

数理に関する才能とプロフェッショナルとしての強靭さゆえに、ハディッドは瞬く間に脚光を浴びることになる。彼女は1979年のAAスクール卒業後、すぐに独立し、ロンドンに自らの建築事務所を構えた。93(〜94)年に手がけたドイツのヴァイル・アム・ラインのヴィトラ消防署のプロジェクト[冒頭のフォトギャラリー #8]によって、彼女は一気に名声を得ることになった。

その作品は、彼女の近年の作品に比べれば小規模だ。が、コンクリートの平面で構成されたこの作品は、概念的で抽象的なハディドの図画をベースとしながら、完璧なまでに実用的な機能を果たしている。「わたしは当時は学生でしたが、周囲の皆はそれをいままで見たなかでいちばん興味深いプロジェクトだと注目していました」。ニューヨークのスノヘッタ建築事務所に勤めるエレイン・モリナーは言う。「彼女はいち早く、デジタルテクノロジーの可能性を開拓したんです」

ヴィトラ消防署はかなり直線的なものだったが、後期の作品はより艶やかなものへと変化している。2014年にロンドンのデザイン・ミュージアムのデザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞した「ヘイダル・アリエフ・センター」(アゼルバイジャン・バクー)[ギャラリー #1〜3]は、リボンでつくられた雪が降り注ぐ丘の頂上のようだ。「アクアティクス・センター」(ロンドン)[ギャラリー #9, 10]は、アカエイの造形を想起させる。

人々がハディドの美的な作品を表現するとき、“未来的な”、あるいは“抽象的な”などといった言葉がしばしば使われる。「彼女の作品を考えるとき、文化的背景から生まれた表現として考えることもできるでしょう」と、ヒースィンガーは言う。

では、同様に女性であることについての表現としてとらえることはできるのだろうか? 「そうとは言えないでしょうね」と、ヒースィンガーは言う。「彼女のスタイルは、誰の目にとっても明らかに彼女のものとわかる。彼女は彼女以外の何者でもなく、それらの作品たちも彼女のものだとしか言いようがないのですから」

確かにハディドのものほど、誰の設計であるかがすぐに分かるスタイルの建築は見出せない。彼女の建築物はあらゆるものへの反抗だ。それは例えば男性によって営まれる産業への反抗であり、建築物がどう見えるべきであるかという固定観念への反抗だ。そして時に、その作品は、重力にさえ逆らっているように思えるのだ。