「金髪美人はおバカさん」神話が崩れた

写真拡大

映画「紳士は金髪がお好き」のマリリン・モンロー以来、米国では、「金髪女性はセクシーだが頭はからっぽ」というイメージが根強くあり、金髪女性をからかう「ブロンド・ジョーク」が盛んだ。

彼女たちは本当に頭がよくないのか、米オハイオ州立大学のチームが大規模な調査で確かめて2016年3月21日、メディアに発表した。ほんのわずかだが、むしろ他の髪色の女性たちより賢いという結果が出た。

IQテストでは1位ブロンド、2位ブラウン、3位赤毛...

米国には「dumb blonde」(おバカな金髪)というスラングがあり、ブロンド・ジョークが山のようにある。たとえばこんな小話がそれだ。

「ブルネット娘とブロンド娘が、おしゃべりしながら公園を歩いていた。ブルネットが突然、悲しい声で言った。『かわいそうに、小鳥が死んでいるわ』。すると、ブロンドが空を見上げながら聞いた。『えっ、どこ、どこ?』」
「なぞなぞ。『ブロンド女がいつも冷蔵庫に新聞を入れておくのはなぜ?』。答え。『毎日、フレッシュなニュースを読みたいから』」

2001年に大ヒットしたリーズ・ウィザースプーン主演のミュージカル映画「キューティ・ブロンド」は、ブロンド美女への「偏見」を逆手にとり、金髪娘が知的なキャリアに成長する物語で、全編、ブロンド・ジョークがあふれる。

同大のジェイ・ザコフスキー准教授のチームは、髪の色の偏見を「科学的に正したい」と思い、生まれつきの髪の色のデータが残っている1980年の「IQテスト」の中から約1万900人の白人女性を選び、髪の色とIQスコアを比較した。ちなみに、IQは100が標準値になるよう算出される知能指数で、全人口の95%が70〜130の範囲に収まるといわれる。

その結果、ブロンド女性のIQの平均は103.2でトップ、次が茶色の102.7、3番目が赤毛の101.2、4番目が黒髪の100.5だった。ただし、これらの差は非常に小さいため統計的には有意ではなく、ブロンド女性が一番賢いとは言えないが、決して「おバカさん」ではなかったわけだ。

髪の色でいかなる差別もあってはならない

ザコフスキー准教授は「軽い気持ちでブロンド・ジョークを言う人が多く、無害であると思われていますが、雇用の機会に色眼鏡で見られるなど、当事者には深刻な影響を与えています。今回の研究は、髪の色でいかなる差別もあってはならないことを説得力のある証拠で示しています」と語っている。