31日、中国のポータルサイト今日頭条は、中国ではトヨタに勝る販売台数のフォルクスワーゲンが、世界的にはトヨタに負ける理由について分析する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまコメントが寄せられた。写真はフォルクスワーゲン。

写真拡大

2016年3月31日、中国のポータルサイト今日頭条は、中国ではトヨタに勝る販売台数のフォルクスワーゲン(VW)が、世界的にはトヨタに負ける理由について分析する記事を掲載した。

記事はまず、2015年の中国の販売台数トップ20のうち、フォルクスワーゲンが7車種ランクインしたが、トヨタは1車種しか入らなかったと指摘。これはフォルクスワーゲンがトップ20に1車種も入っていない米国のランキング結果とは大きく異なっている。

この理由について記事では、トヨタ車は故障が少なく燃費が良いことや、フォルクスワーゲンの排ガス不正問題があったため売り上げが落ちたこと、しかし中国ではフォルクスワーゲンはいち早く進出し、質の高さや果敢に攻める姿勢で人気が高いことを挙げた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまコメントが寄せられた。

「フォルクスワーゲンが中国で売れるのは尖閣諸島のおかげ」
「中国はおバカさんが多くてだまされやすいからだよ。フォルクスワーゲンは安全だと繰り返し聞いているからね」

「中国のトヨタと米国のトヨタは全然違うし、中国には日本車不買の機運がある。それに米国が買うものを中国も買う必要はない」
「経済が発展していて民度が高いところほど日本車はよく売れる」

「トヨタは中国市場を失っても世界一。フォルクスワーゲンは中国市場を失ったら倒産も近い」
「俺はフォルクスワーゲンを買って車の修理を覚えた。その後トヨタに代えたら修理の仕方を忘れた」(翻訳・編集/山中)