「文春」のタブーを暴露した作家の林真理子(画像は『美女入門スペシャル 桃栗三年美女三十年』マガジンハウスより)

写真拡大

「センテンススプリング砲また炸裂」「文春無双」──。このところのスクープラッシュで、ネット上には「週刊文春」(文藝春秋)をこんな形容で称える声があふれている。実際、この雑誌のことを、「タブーのない最強の週刊誌」「向かうところ敵なしのイケイケ軍団」というイメージで見ている読者は多いはずだ。

 だが、そんな「週刊文春」にタブーが存在していることを指摘した人物がいる。しかも、当の「文春」誌面で。

 それは、連載コラム「夜ふけのなわとび」を執筆中の作家・林真理子氏だ。林氏は3月31日発売号(4月7日号)の連載で「週刊文春」の快進撃を「すごいぞ、センスブ」と賞賛し、こんなエピソードを開陳した。

〈この頃有名人に会うたび、よく聞かれる。
「どうしたら、センテンス・スプリングに書かれないようになりますかね?」
「ひとつだけありますよ」
 私は答える。
「センテンス・スプリングの執筆者になることですね」〉

 さらに林氏は、芸能人でもコラムを書いたりすれば大丈夫だが、〈作家はもっと大丈夫だ〉と解説したうえ、〈だから乙武君も本当に"作家"だったら大丈夫なのにね〉と言い放ったのだった。

 たしかに、「週刊文春」は、林氏が述べるように作家には極端に弱い。大手芸能プロダクションや政治家にはあれだけ強気なのに、相手が小説家、作家となると、どんな疑惑やスキャンダルが浮上していても沈黙を決め込んでしまうのだ。いや、それどころか、逆に作家の意を受けて記事を潰したり、不祥事隠しに奔走する役割まで平気で演じている。

 その典型が、一昨年に巻き起こった百田尚樹『殉愛』(幻冬舎)騒動だろう。やしきたかじんの妻・さくら夫人をテーマにした同書をめぐっては、周知のように、さくら夫人の結婚歴など、さまざまな嘘が発覚。たかじんの長女からも名誉毀損で出版差し止め訴訟を起こされ、大きな問題となった。

 ところが、「週刊文春」はこの問題で百田氏のいいなりになって、信じられないような弱腰な対応を見せているのだ。

 そもそも、さくら夫人の疑惑は「週刊文春」が先鞭をつけたものだった。たかじんの死の直後、「やしきたかじん『参列者5人』葬儀の謎」(2014年1月23日号)「親族から噴出 やしきたかじん32歳未亡人への怒り 遺骨を『マカロンみたい』」(14年2月6日号)と、さくら夫人の不可解な囲い込みの動きや彼女と遺族の確執を記事にしていた。

 そして、14年夏の合併号には第三弾として、たかじんの長女の手記を掲載する予定だった。すでに原稿も完成し、さくら夫人がたかじんと同居していたマンションを訪ね、取材を申し込んでいたという。

 ところが、校了直前、事態は急転する。当時、『殉愛』を執筆するためにさくら夫人を取材中だった百田氏が、電話で同誌の新谷学編集長に記事を中止するよう申し入れたのだという。

 すると、新谷編集長はあっさりこの申し入れに応じ、取材班は大阪から撤退。記事掲載も見送られてしまった。つまり、それまでさくら夫人叩きの急先鋒だった「文春」は、百田氏がさくら夫人のバックについたことで、一気に手のひらを返してしまったのだ。

 しかもその後、『殉愛』が出版されてからも、「文春」の姿勢は変わらなかった。連日、さまざまな嘘や問題が発覚しても、一切、記事にしようとせず、逆に14年12月18日号に百田氏の手記を掲載し、15年1月1・8日特大号から百田氏の連載小説「幻庵」を予定通りスタートさせた。

 百田氏の『殉愛』には、「(文春の記事は)捏造」「真っ赤な嘘」とまで書かれていたのに、「文春」はひとつも反論をせず、百田氏にひれ伏してしまったのだ。

『殉愛』については、他の出版社系週刊誌も売れっ子作家が相手だということで、腰が引けてはいた。しかし、たとえば、小説『フォルトゥナの瞳』を連載して単行本化したばかりの「週刊新潮」(新潮社)でさえ、百田氏にさくら夫人のインタビューをねじ込まれながらも、そのまま丸乗りすることはせず、対立するたかじんの長女の取材も行ったうえ、一応、検証記事の体裁をとっていた。

 それに比べると、「文春」の対応がいかにだらしないものであるかがよくわかるだろう。

 作家タブーに完全に屈したケースは他にもある。たとえば、06年、東京都知事だった石原慎太郎氏に四男の"縁故重用"疑惑が浮上したときのことだ。

 石原氏の四男・延啓氏は無名の画家だったが、石原氏は自らの職権で都の若手芸術家の支援事業「トーキョーワンダーサイト」に助言する芸術家として都の外部委員に抜擢。「ワンダーサイト」への補助金を4年間で4億7000万円と以前の8倍以上に増やしていた事実が発覚したのだ。

 さらに03年3月には、延啓氏が都の職員とともに訪欧した際に費用55万円を都が全額負担したことや、他の数々の公費による出張も複数のマスコミ報道から判明していった。そのため石原氏は「息子可愛さに血税を湯水のように使う公私混同」と大きな批判に晒されたのだ。

 しかし、この時も「週刊文春」だけは石原氏の疑惑を一切報じることはなかった。いや、報じないどころか渦中の石原氏をインタビューに登場させ(07年1月4・11合併号)、「(疑惑報道は)選挙のためのネガティブ・キャンペーンだ」などというなんの説得力もない釈明を延々と垂れ流させたのだった。

 これも石原氏が当時、都知事だったことが原因ではなく、石原氏が大物作家であり、しかも当時、文藝春秋が主催する芥川賞選考委員だったことが大きかった。

「文春にとって、石原慎太郎さんは最大のタブーだといっていいでしょうね。でも石原さんに限らず、うちは、いわゆる小説家と名の付く人たちのことは、よほどのことがない限り批判はしない。たとえば、田中康夫なんて、政治的スタンスは『文春』と真逆なのに、長野県知事時代、ほとんど攻撃しなかったでしょう。これは、文藝春秋という会社全体の伝統ですね。創業当時から文芸出版社の老舗として、現在まで数多くの作家を輩出し、その登竜門といわれる芥川賞・直木賞を主催していますから。作家のお陰で商売をしてきたという意識は他出版社に比べ格段に高いんです。以前、文藝春秋が出していた『TITLE』という雑誌で、書評家の豊崎由美さんが渡辺淳一氏(14年4月逝去)に対する"辛口"批評を行って、渡辺氏から抗議を受けたことがあるんですが、この時は『TITLE』の編集長以下、編集部員全員を異動させてしまいましたからね」(文藝春秋関係者)

 こうしてみると、「文春」も人の子、という感じがしてくるが、実際、「文春」はいくらスクープを連発していても、けっして"無双"というわけではない。

 作家タブーの他にも、一切の批判ができないアンタッチャブルな領域をいくつか抱えている。以前、圧力に屈したことのあるユダヤやJR、あるいは、他誌と同様、電通やセブンイレブン......。まあそれでも、他のメディアに比べたら、そのタブーの数は圧倒的に少なく、これくらいはしようがないというべきかもしれない。

 ただ、ひとつだけ気になるのが、数年前からいわれている噂だ。

「『文春』の現編集長の新谷氏は安倍首相が同社から出版した『美しい国へ』の担当者で、実は安倍首相とは非常に親しい。また、菅義偉官房長官ともかなり付き合いが深く、頻繁に情報をもらっていると聞きます。だから、閣僚や自民党の若手議員のスキャンダルはやれても、安倍首相や菅官房長官の決定的なスキャンダルはできないというんですね」(別の文藝春秋関係者)

「文春」にはこの噂を吹き飛ばすような、安倍首相の決定的スキャンダルをぜひ報じてほしいものだが......。
(田部祥太)