1日、北朝鮮の徐世平駐ジュネーブ国際機関代表部大使は、ロイター通信とのインタビューで、北朝鮮は核実験やミサイル実験を継続すると述べ、朝鮮半島は「準戦争状態」にあると述べた。資料写真。

写真拡大

2016年4月1日、北朝鮮の徐世平駐ジュネーブ国際機関代表部大使は、ロイター通信とのインタビューで、北朝鮮は核実験やミサイル実験を継続すると述べ、朝鮮半島は「半戦争状態」にあると述べた。

徐大使は1日、ロイター通信とのインタビューで、米韓による大規模な合同軍事演習は、「朝鮮民主主義人民共和国の指導者の首を斬ること」と北朝鮮政府の制圧を目的としていると述べた。また、「米国がこのような対応を続けるなら、北朝鮮は対抗策を実行しなければならない。つまり、核開発や核抑止力をより一層追求しなければならない」と述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「オバマ大統領は北朝鮮と対応するにはあまりに弱い大統領だ。だから、それは次期大統領の仕事になる」

「米国、日本、韓国が北朝鮮を挑発している」

「またしてもオバマ大統領の失態だ」

「栄養失調の国民が十分に食べられるだけの食料を生産できるなら、あなたを信じるよ!」

「なぜまだ北朝鮮とビジネスを行っている国があるんだ?」

「心配いらない。私たちには強大で強力で偉大なるトランプ氏がいる。彼は米国による将来の世界支配にとって大きな希望だ」

「時間があるうちに、彼らに核攻撃を仕掛けるべきだ」

「私たちは仲良くできないのだろうか?」(翻訳・編集/蘆田)