「あなたのクルマも、いますぐハックされるかもしれない」FBIが警告

写真拡大

セントルイスハイウェイを運転中の2014年式ジープ・チョロキーが遠隔操作でトランスミッションを切断してみせることで、2人のセキュリティー研究者が自動車ハッキングを実証してから8カ月が経った。FBIはこのニュースを追い、いま、全米の国民に対して対自動車サイバーテロの危険を真剣に受け止めるよう警告している。

「「あなたのクルマも、いますぐハックされるかもしれない」FBIが警告」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国運輸省道路交通安全局とともに公表した政府広報において、米連邦捜査局(FBI)は、自動車やトラックに対するインターネット経由の攻撃の脅威についてのドライヴァーたちに警告した。

FBIは昨年の自動車のハッキングに関する調査を引き合いに出して、ハッカーから自動車を守る方法について、あるいは自分のクルマがハッキングされたと考えられる場合の対処についてのアドヴァイスを提供している。

「いま、多くの自動車に搭載されているコネクテッドカー・テクノロジーの狙いは、安全機能を強化したり燃費を改善させたりと、利便性を向上することにある」と、PSAには記載されている。「後付けのオプション装置でも、自動車の状態を監視するような新しい機能を追加できる。ただし、ネットワーク接続性が向上しているなか、消費者もメーカーも潜在的なサイバーセキュリティーの脅威を常に意識することが重要だ」

FBIとDOTから出されているアドヴァイスには、自動車のソフトウェアを最新に保つことや自分のクルマのソフトウェアコードに手動でセキュリティーパッチをあてなければならないようなリコールの可能性がないかを常に意識することだけでなく、ソフトウェアへの不正な変更を回避することや、ネットワークに不正なデヴァイスが接続されていないか注意することが含まれている。

こうしたアドバイスのほとんどは、昨年の実証実験から直接導き出されたものだ。ハッカーのチャーリー・ミラーとクリス・ヴァラセクが7月にジープをハッキングしたのち、クライスラーは140万台をリコールし、ドライヴァーに対して最新ソフトウェアが入ったUSBメモリを郵送した。その翌月には、サンディエゴのカリフォルニア大学の研究グループが、コルベットのダッシュボードに接続された自動車保険用ドングルをハッキングし、ワイパーを作動させたりブレーキを効かなくしたりすることが可能であることを示した

またこの発表では、他人に自分のクルマを触らせるときは、注意しなくてはならないと警告している。「自分のパソコンやスマートフォンを安全でない場所や信用できない人と一緒にいるときにロックしないまま放置しないのと同じように、自動車に触れる可能性のある人物には常に注意することが重要だ」と記載されている。

こうしたFBIの警告に新しい情報はあまりないと、ジープをハッキングした研究者の1人のヴァラセク氏は言う。しかし同氏によるとFBIが認たことそのものが、すべての人に対して自動車のハッキングの脅威を現実のものとしてとらえさせる可能性があるという。「あまりにも遅すぎた」とヴァラセク氏は語る。「だがこれはいいアドヴァイスだ。人々は、FBIの言うことであれば真剣に受け止める」

ヴァラセク氏によると、この発表の最も重要な部分は、自分のクルマがハッキングされた疑いがあると思ったら、FBIや自動車メーカー、米国運輸省道路交通安全局に連絡するよう求めていることだという。これまでのところ、ヴァラセク氏の話では、彼と彼の同僚ミラー氏のもとには、自分のクルマがハッキングされたと思い込んでいる人々から大量のメッセージ(信用できないものも含め)が殺到している。

「彼とわたしは、『自分の車がハッキングされた!』と言う人々から常にメールを受け取っている。FBIはそれを喜んで引き受けてくれる」