<ヤマハレディースオープン葛城 3日目◇2日◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(6,568ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアー『ヤマハレディースオープン葛城』の3日目。2年ぶりに出場している韓国のユン・チョヨンがトータル5アンダーまで伸ばし首位に浮上した。
大会3日目をライブフォトで振り返る!
 2位にはトータル3アンダーの申ジエ(韓国)と李知姫(韓国)の2人。首位と4打差の4位タイに一ノ瀬優希、鈴木愛、渡邉彩香、笠りつ子、テレサ・ルー(台湾)がつけている。
 アマチュアの勝みなみは8オーバーの大乱調でトータル7オーバーの42位タイまで転落。また、森田理香子が難コンディションの中、本日最多となる6バーディを奪い23位に浮上した。
以下、主要選手のコメントを掲載
・ユン・チェヨン(トータル5アンダー単独首位)
「今日が最終日だったら良かったのに(笑)。ここまでミスをあまりせず、チャンスを決められていることがこの順位にいる理由だと思います。明日も冷静に自分のプレーを守りながら1打1打に集中して頑張ります」
・李知姫(トータル3アンダー2位タイ)
「バーディが無かったので大変でした。それでも難しいパーを拾えたし、良いプレーができたと思います。ここのコースで2打差はまだ分からないと思うので、最後まで良いプレーをして優勝争いをできたらと思います」
・申ジエ(トータル3アンダー2位タイ)
「途中ボギーも出てヒヤっとしましたが、良い結果を残せたと思います。18番のバーディは獲れば明日最終組になれると思っていたので狙いました。入ってよかったです。ここのコースで大事なのはテンポだと思うので、そこに気をつけてベストを尽くして良いプレーをしたいです」
・笠りつ子(トータル1アンダー4位タイ)
「今日はボギーが先行してしまい。なんとかバーディを獲ろうと途中から切り替えて狙っていきました。ボギーはほとんどリカバリーのミスです。明日は良い流れがくると信じて頑張ります」
・渡邉彩香(トータル1アンダー4位タイ)
「最後を決められたので良かったです。ショットは日に日に良くなってきています。昨年の逆転した良いイメージが残っているので、あきらめずにやるだけです」
・一ノ瀬優希(トータル1アンダー4位タイ)
「パットが決まってくれたのが良かったです。私は難しいコースの方が好きです。飛べば良いわけでないし、きちんとマネージメントをしないとパーも拾えない。そういった意味でここは好きですね」
・鈴木愛(トータル1アンダー4位タイ)
「最後のボギーはもったいなかったですが、15番から17番は本当に良いラウンドでした。久しぶりに優勝のチャンスがきたので、3、4アンダーを出して優勝できるように頑張ります」
・福田真未(トータルイーブン9位タイ)
「今日はチャンスが少なかったですが、3日間ボギーも少ない。優勝はすべてがかみ合ってないと上手く行かないと思いますが頑張りたいです」
・木戸愛(トータルイーブン9位タイ)
「まだまだだと思うところもありましたが我慢できました。手前から手前からと良いリズムでゴルフできています。最後まで諦めずに、攻めるところ、守るところメリハリをつけて頑張りたい」
・永峰咲希(トータルイーブン9位タイ)
「今日はショットが悪かったです。チャンスにつけられなかった。でも微妙なパーパットを決められました。明日はつけるところを間違えないように、チャンスを作れるようにこれから練習します」
・柏原明日架(トータル2オーバー13位タイ)
「初日に打ちすぎました。昨日、今日のゴルフができていれば優勝争いに入れたと思います。でも、あと1日あるのは大きい。コースは難しいですが、自分が頑張るだけです」
・キム・ハヌル(トータル2オーバー13位タイ)
「イーグルは153ヤードから7番アイアンで打った球が直接入りました。見ていなかったです(※手前10ヤードに着弾し、転がってカップイン)。今週はトップ10が目標です。そこを目指して頑張ります」
・森田理香子(トータル4オーバー23位タイ※最多バーディ)
「6つもバーディが獲れました。少しずつ上向きです。クラブとボールも自分的にはもう馴染んでいると思いますし、明るい材料も徐々に増えています。このコースはすぐボギーが来るので、明日も手前から手前から攻めて行きます」
・勝みなみ(トータル7オーバー42位タイ)
「今日もパッティングとアプローチは悪くなかった。ショットが今日は悪かったと思います。予選は通過しているので、明日は思い切り楽しみたいです」
<ゴルフ情報ALBA.Net>