検体を取り違えられ乳房の一部を失った20代の女性 賠償提訴

ざっくり言うと

  • 検体を取り違えられ、必要のない手術で20代女性が乳房の一部を失った問題
  • 女性は高砂市を相手取り、約1850万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した
  • 病院側はミスを認めて謝罪したが、取り違えの原因は不明のままだった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング