渦中のひとり、チョン・インジ、3位Tで決勝Rへ(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ANAインスピレーション 2日目◇1日◇ミッションヒルズ・カントリークラブ(6,763ヤード・パー72)>
 思わぬハプニングから発生した場外乱闘の渦中にいる2人が、優勝を争う位置で決勝ラウンドを迎えることとなった。米国女子メジャー「ANAインスピレーション」は第2ラウンドを行い、シンガポールでチョン・インジ(韓国)が負ったケガを巡って騒動となっているハナ・ジャン(韓国)とチョンがそろって上位で決勝ラウンドを迎える。
海外女子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 事の発端は3月3日(木)からシンガポールで開催された「HSBC女子チャンピオンズ」だった。中央日報など複数メディアによると、会場への移動途中の空港でジャンの父親が持っていたキャリーバッグが乗っていたエスカレーターから不注意により落下。7kgほどあったというバッグは、不運にもチョン・インジにぶつかってチョンは転倒。腰を負傷して同大会を欠場する事態となった。
 一方でジャンはその大会で優勝。グリーン上では歌手のビヨンセを真似たダンスを披露するなどパフォーマンスにも注目が集まった。だが、これに反応したのがチョンの周囲だ。
 チョンの父親が「謝罪を受けていない」などと憤りをあらわにすると、現在韓国で一番人気を誇るチョンの熱狂的ファンもSNSでジャンに対して過激な投稿を繰り返し炎上状態となった。しかも、ジャンは同大会の優勝で韓国の五輪候補圏内に食い込み、押し出されたのがチョン。2人が五輪代表争いに加わっていることも騒動を過熱させた。
 チョンはケガにより「JTBCファウンダースカップ」、「キア・クラシック」を欠場し、今大会からツアーに復帰。それでも状態は「85%」程度とまだ全快には至っていない。騒動後初めて顔を合わせることとなった両者だが、今週会場入りしている韓国メディアに聞いたところ、特別な歩み寄りは見られず微妙な距離感を保ったままだという。騒動以前も特別に仲のいい間柄ではなかったそうだが…。
 チョンはトータル6アンダーの3位タイ、ジャンはトータル5アンダーの9位タイで同組にはならなかったものの、優勝と五輪代表を争うライバルとなることは間違いない。明日からの決勝ラウンドを穏やかに迎えることはできるだろうか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>