イメージ画像(「Thinkstock」より)

写真拡大

 お隣・韓国にとんでもない変態が現れ、大きな騒ぎになっている。

 3月29日、仁川(インチョン)地方で、女子中学生相手に「靴下を売れ」と執拗に迫った、通称“仁川の靴下男”ことユン容疑者(33)が逮捕されたのだ。

 ユン容疑者は少女たちに、5,000〜1万ウォン(約500〜1,000円)で靴下を売ってくれと迫り、少女たちの目の前で自分の鼻に靴下を当てて興奮のうめき声を上げるといった行為を繰り返したという。

 しかも、ユン容疑者が逮捕されたのは、今回が初めてではない。2008年、帰宅途中の女子中学生を追いかけ回し、無理やりキスしたとして逮捕されていたのだ。しかし、この事件は被害者側と示談が成立したため、ユン容疑者が裁かれることはなかった。

 そんなユン容疑者が“キス男”から“靴下男”へと変貌を遂げたのは、翌09年。前年と同様に帰宅途中の女子高生を追い回し、無理やり手の甲にキスをしたり、抱擁するだけでなく、「靴下を脱がなければ家に帰さない」などと脅したという。ほどなく逮捕されたが、またしても示談で話は片付いている。

 それに味を占めたのか、靴下男の変態行為はさらにエスカレート。100人を超える女子生徒相手に犯行に及んだという。こうして13年12月に再々逮捕されたのだが、警察の取り調べによると、当時のユン容疑者は「10年付き合っていた恋人と別れたことで、知らないうちに変態性が芽生えた」などと供述したという。精神疾患を疑った検察は、2カ月間の精神科治療プログラムを行い、さらに料理人として社会復帰を果たす手伝いまでしたそうだ。
 
 そんな“前科”を持つ筋金入りの変態靴下男が、このたび4度目の逮捕をされたわけだ。警察の取り調べに対し、ユン容疑者は「過去に受けた治療は、まったく効果がなかった」と、治療プログラムの無意味さを明かしている。

 靴下男に対して、韓国ネット民たちは「俺の靴下買ってくれよ(笑)、毎日売ってやるよ」「本来、こういうクズを去勢しないといけないよな」など、冷ややかなコメントを送っている。

 少女の靴下に興奮する性癖……この病気が治ることがあるのだろうか?