1日、AP通信によると、日米両政府は同日、核物質に関する機密情報を共有するための枠組みづくりについて協議を開始することなどを柱とする核セキュリティー協力に関する共同声明を発表した。資料写真。

写真拡大

2016年4月1日、AP通信によると、日米両政府は同日、核物質に関する機密情報を共有するための枠組みづくりについて協議を開始することなどを柱とする核セキュリティー協力に関する共同声明を発表した。

日米両政府は1日、核セキュリティー協力に関する共同声明を発表した。核物質に関する機密情報を共有するための枠組みづくりについて両政府が協議を開始することが柱となっている。また、2014年の日米合意に基づき、日本原子力研究開発機構が保管していた高濃度プルトニウムの米サウスカロライナ州の施設への引き渡しのため、プルトニウムの撤去作業が完了したことを確認した。

この報道に、米国のネットユーザーからは、「オバマ大統領の計画は米国を安全でない国にすることだ」「オバマ大統領は妄想を描いている。大統領から退かせて背任罪で処罰すべきだ」「完全な愚か者だ」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/蘆田)