Flickrから賢く写真を引き上げる方法(と、次の保存先)

写真拡大

便利なツールの一部が有料化してしまった、写真共有サーヴィス「Flickr」。これを機に、写真の置き場を考え直そうと思っている人も多いだろう。そんな人のために、Flickrから画像を簡単に取り出す方法と、その新しい保存先をご紹介。

「Flickrから賢く写真を引き上げる方法(と、次の保存先)」の写真・リンク付きの記事はこちら

画像の保存、コレクション、シェアを簡単にできて、しかも無料。「Flickr」はあらゆる写真の保存場所として、素晴らしいサーヴィスだった。

だがそれも、ヤフーが「Auto-Uploadr」を有料にしてしまうまでの話だ。

Auto-Uploadrを使えば、コンピューターや外付けハードドライヴ、カメラのSDカードや「Dropbox」「iCloud」からすべての写真を取り込み、検索機能付きのライブラリーにアップロードすることができた。

しかし、それももう無料ではない。利用には月6ドル、または年50ドル支払わなくてはいけなくなった。払うお金があるのなら、特に問題はない。さらに言うと、今後もブラウザーから手作業で写真をアップロードすることはできる。退屈で時間がかかるドラッグ・アンド・ドロップの作業さえ我慢すれば、無料だということだ。

しかし、無料であるだけでなく、あらゆるデヴァイスで撮った写真をすべて自動的にアップロードできるオンライン・フォトストレージ・サーヴィスはいくつかある。写真の同期を覚えておく必要など、まったくないのだ。ドラッグもドロップもさようなら。何でも簡単にアーカイヴしてくれるこういったサーヴィスのほうが、写真の保存先に適していることは明らかである。

というわけで、Flickrから画像を取り出して、どことは言わないが、例えば「Google フォト」か何かに移行するときが来たのではないだろうか(個人的には絶対にGoogle フォトにするべきだと思うが)。

まずはFlickrから写真を取り出そう

以前はたくさんの写真をFlickrから取り出すのは難しかったが、1年前に大容量ダウンローダーがサーヴィスに追加された

カメラロールへ行き、欲しい写真や動画ファイルをハイライトすれば、FlickrがZipファイルにしてすべて吐き出してくれる。Flickrは、この機能で“一度に何千もの写真や動画をダウンロード”できると言っているが、正確にいくつまでなのかは明言していない。アルバム1冊を一度にダウンロードすることも可能だ。

おすすめの保存先

ダウンロードの次は? おそらくGoogle フォトがベストな選択肢だ。すでに多くの人がGmailアカウントをいくつも駆使しGoogle Driveを使っていろいろとシェアしているのだから、ストレージとしては当然の選択だろう。簡単にアップロードできてアプリも多機能だ(保存さえできればいいなら無視してほしい)。

Google フォトの自動アップロード機能を使えば、自分の各デヴァイスからすべて写真がバックアップ保存され、画像認識エンジンが自動的に写真をコンテンツ別に分類してくれるため、検索も簡単にできる。その技術は優秀だ。Googleの無料サーヴィスでは、写真の解像度が16メガピクセルまでに制限されているが、ほとんどの人にとって(特に携帯で写真を撮る人たちにとっては)これは問題にならないだろう。

関連記事「Google フォト」は驚くほど手間のかからない「アルバム」アプリ

かたちにこだわろう

もしクラウドベースのサーヴィスがあなたのコンテンツに対して振るう力をもって、そうした類のサーヴィスに対して不信感をもっているとしたら、あなたは間違っていない。有形のストレージにも、バックアップをとっておくべきだ。

G-Drive Mobile USB-C」は、財布に納まりそうなサイズのポータブル・ハードドライヴだ(実際には納まらないが、そのくらいスリムだ)。そして、これまでの普通の外付けハードドライヴよりも、もう少し将来の変化に耐えうる商品である。写真のバックアップに最適で、1TBの容量がある。

簡単に写真を同期してくれるタイプのものが欲しい人もいるだろう。そもそも、簡単に“すべてバックアップ”してくれる機能を確保することがポイントなのだから。そんな強みをもった、有形の製品を2つほど紹介しよう。

1つは「Bevy」という外付けハードドライヴ(とても小さく、Rokuに似ている)で、アプリと組み合わせれば、グループで瞬時に写真をシェアしたりドライヴに保存したりすることができる。

Bevyには、容量1TBと2TBの2種類(それぞれ299ドルと399ドル)がある。このデヴァイスを自宅のWi-Fiにつなげば、Bluetooth経由でパスワードやユーザーネームを入力せずに接続することができる。アクセスは自分でコントロールでき、利用者が帰ったら消滅する1度限りのゲストアカウントの設定もできる。HDMI出力端子も付いているので、TVに接続してスライドショーも楽しめる。

150125-BevyLaunchVideo

これと似ているのが「Lyve」というデヴァイスだ。これは複数のデヴァイスに散らばっている写真(2TBまで)をハードドライヴ上に集めて1カ所に保存するものである。

ドライヴにはタッチスクリーンが組み込まれていて、なかに保管されている写真をスワイプして見ることができる。アプリを使えば管理はとても簡単で、携帯にあるものを何でもすぐに、そして簡単にデヴァイスにアップロードできる。

BevyとLyve、どちらにもSDカードのスロットがついているので、モバイル機器でなくともアップロードが可能だ。デジタル一眼レフの高画質な写真にも対応できる。

これからもFlickrに料金を払って写真を保管するかどうかは、もちろんあなたの自由だ。重要なのは、あなたが自分のコンテンツを自分に納得のいく方法で管理することなのだから。でももし、サーヴィスに対する(あるいは親会社に対する)信頼が少しでも揺らいだなら、乗り換えの検討をおすすめする。