1日、韓国メディアは、怒りの調整ができず小さなことにも怒りを爆発させる人が増えるなど、韓国人のメンタルに赤信号が点灯していると報じた。資料写真。

写真拡大

2016年4月1日、韓国・ニューストマトは、怒りの調整ができず小さなことにも怒りを爆発させる人が増えるなど、韓国人のメンタルに赤信号が点灯していると報じた。

韓国ではこのところ路上での割り込みなどに乱暴運転で仕返しをするといった「報復運転」による事件が毎日ように報じられている。結局、増える一方の事件への対応として報復運転に対する罰則強化がこのほど決められた。

問題は運転だけではない。腹立ち紛れの殺人や暴力行為、強盗、窃盗などの重大な犯罪の発生件数も急増している。法務部の統計によると、韓国で起こった重大犯罪の動機の40%が偶発的なもの。衝動的な殺人の主要因としても挙げられる集合住宅での騒音に関するクレームは、ここ数年増加の一途をたどっている。

大韓精神健康学会の調べによると、韓国人の実に50%が怒りのコントロールに障害を抱えており、10%は治療が必要なレベルだという。特に20〜30代の若い層が深刻で、「怒りを調節できない人格障害・行動障害」と診断された患者の年齢層は、14年基準で20代が28%、30代が18%、10代が17%を占めた。

こうした事態に専門家は、「怒りを抑えられない障害をれっきとした疾患の一つと認識し治療への関心を高めること」「怒りの原因となる社会的不平等や差別をなくすこと」の2つの対策を提示した。また韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「国のシステムが間違って動いているために、国民のストレスが最高潮に達している。死ぬほど働いてる人よりごろごろしてる人がお金を稼ぎ、働きたくても働けない若者が増え、権力を持っている人ほど脱税、兵役逃れ、不正がひどい」

「世の中をひっくり返すためには、ぶつぶつ文句を言ってないで何より選挙で投票を」
「これもみんな李明博(イ・ミョンバク)前大統領と朴槿恵(パク・クネ)大統領のせいだ」

「この状況でおかしくならない方が異常だ」
「このニュースを読んでさらに憂鬱(ゆううつ)になった」
「すべては朴槿恵政権では当然のこと。国民はびくびくしながら生きるしかない」

「少しでも他人より抜きん出ようとすれば、他人を無視し、パワハラし、絶えず他人と比べなければいけない。それでストレスを受けないわけがない。国民性がこうなんだから仕方ない」
「韓国を巨大な精神病棟だと思えばいい」(翻訳・編集/吉金)