キム・カーダシアン、全裸写真公開後の批判に反論

写真拡大

キム・カーダシアンが全裸の自撮り写真を公開した後に受けた批判に対し反論を展開している。

有名人からも批判を受け

ツイッターに投稿したそのセクシーな写真について、ベット・ミドラー、クロエ・グレース・モレッツ、ピアース・モーガンら有名人からも批判を受けている渦中のキムが、13年前に撮ったというセックステープに触れながら反論に出た。「薬物もやらないし、お酒もほとんど飲まない。一度も犯罪したことないわ。それでも、私は自分の体を誇りに思うことでダメなロールモデル扱い?」「私のセックステープについていつもぶり返されるみたいね。そうよ、あのセックステープは13年に作られたものよ。13年前よ。文字通り、ずいぶん昔のことよ。それでもまだみんなはあのことについて話したいってわけ?!」「私は恥と恐れを乗り越えて、人のことなんて気にしないと言って、よりよくなること、先に進むことを決めたんだから。私が13年前に起こったこと以上の存在であることを証明するためだけに達成したことを並べて常に守りの姿勢でいるべきではないわ。前に進みましょうよ。すでに私はとっくにそうしているんだから」

さらに、キムは自身の写真が自分を強くしてくれる感覚を持っていると続けた。「私は母親であり、妻であり、姉、妹であり、娘であり、事業家なの。セクシーであることを許しているわ」「今は2016年。体のことで辱めたりするのはもうたくさん。あなたたちの抱いている私のセクシーさに関する問題を気にして人生を送ったりしないわ。あなたはあなた、私は私でいさせて」

また、自身を勇気付けてくれる夫カニエ・ウェストについては「カニエは私を私のままでいさせてくれる。無条件に愛してくれているのよ」と称賛した。

Written&Photo by bangshowbiz