チーズ味でも辛い!

写真拡大

東ハトは2016年3月14日、「暴君ハバネロ・ハバピザ」を発売した。

人気の辛味スナックシリーズ「暴君ハバネロ」の新商品。激辛トウガラシ「ハバネロ」を用いたおなじみの辛さとピザの味わいを融合させた一品だ。ネット上では、辛党を中心に「ウマい!」の声が上がっている。

東ハト社員への称賛も

カットしたピザをイメージした三角形状で、チーズ味とトマト味の生地を重ねて表と裏の味が異なる「リバーシブル」に仕立てた。プクプクふくれた生地のパリパリ食感が、同シリーズでは新鮮だ。

辛党から人気を誇る「暴君ハバネロ」の新商品とあって、試してみる人が相次いでいるよう。

ツイッターでは、

「最初うめ〜と思いながらボリボリ食べると後で辛さが怒涛のようにくる」
「チーズのまろやかさと甘味がハバピザの辛さをまったく中和してない!」
「暴君ハバピザってハバネロより辛いかもしれない」

などなど、確かな辛さが評判になっている。

辛党にはかなりハマる味のようで、

「うますぎて一瞬でなくなっちまった、10袋くらい一瞬で空ける自信が有る」
「東ハトの社員の味覚は鋭すぎる」

などと高評価が書き込まれている。

具体的な味については、

「おっとっとの食感とピザポテトに暴君ハバネロの粉末かけたような味」

と、他のスナック菓子も彷彿させる味だ、との感想も。

「ハバネロサイドを下にして舌に置いて辛さを楽しむと気持ちいいぞい」

と、辛党ならではの楽しみ方も報告されている。

一方、

「味は良かったんだけど、極薄パリパリ生地なので食べ応え皆無。腹に何か入れた気がしないw」

との声も。空腹を満たす目的は果たせなさそうだ。

参考小売価格は122円(税別)。