1日、中国の臓器提供数は世界3位で、ドナー登録者数は6万6000人に上る。

写真拡大

2016年4月1日、人民日報によると、「2016年全国人体臓器提供メモリアル活動」が3月31日に開かれた。中国全国におけるドナー登録者数は、3月20日の時点で6万6000人、提供数は6614件にそれぞれ達し、臓器移植を必要とする1万8000人の患者の命が救われたことが明らかになった。

中国国家衛生・計画出産委員会の王培安(ワン・ペイアン)副委員長によると、中国では臓器移植事業が6年前にスタートし、科学的・公正で倫理に合致する国民による死亡後の無償臓器提供システムがほぼ確立された。人口100万人当たりの年間提供率は2010年に比べ大幅に増加した。年間提供数はアジア首位、世界3位になった。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/武藤)