プジョー2008 クロスシティ(CROSSCITY)新車情報・購入ガイド
日本マーケットに合った6速AT+1.2L直3ターボ搭載! これが2008の本命!【ニュース・トピックス:プジョー】

写真拡大

日本マーケットにあった機動力と、美しいスタイルが魅力のコンパクトSUVがプジョー2008

 プジョー は、コンパクト SUV の2008に特別仕様車「2008 CROSSCITY(クロスシティ)」を設定し発売を開始した。

 プジョー2008は、2014年に日本デビュー。2008のボディサイズは、全長4160×全幅1740×全高1550个肇灰鵐僖トなボディサイズをもつ。全長4160mmというと、日産ノートマツダ デミオ といったコンパクトカー並み。最小回転は5.5mと、このボディサイズにしてはやや大きいが、日本で使う上では使いやすいボディサイズをもつSUVだ。

 日本導入時からのパワーユニットは、1.2L直3エンジン。出力は82ps&118Nmで、燃費は18.5/Lとなっていた。スペックからは、やや非力な印象を受けるが、これがなかなか元気よく走った。その理由のひとつに、ミッションがMTベースの自動変速機能付き5速ETGということもある。この5速ETGは、シフトチェンジ時の空走感も少なく、かなり普通のATやCVTに近いフィーリングになってきた。しかし、やはり洗練されたATやCVTと比べると、やや違和感があり万人にお勧めかという訳にはいかない仕様だった。

6速ATと1.2Lターボを搭載した2008クロスシティ。これが、2008の本命だ!

 今回、新しく導入された特別仕様車プジョー2008クロスシティには、待望の6速ATが搭載され、パワーユニットには、よりパワフルな1.2L直3ターボエンジンが組み合わされた。このターボエンジンは、イッキに高出力化され110ps&205Nmを発揮し、2.0L自然吸気エンジン並みの最大トルクを誇る。車重は、多少重くなったとはいえ1230圓覆里如△覆なか力強い加速を味わえるはずだ。ターボ化さらえても、それほど燃費は悪化されておらず17.3/Lとなった。輸入車で数少ないライバルであるルノー キャプチャー は17.2/Lなので、わずかに燃費は上回っている。2008は直3ターボに対して、キャプチャーは直4ターボとなっている。

 両車ともFFのみの設定だが、2008にはグリップコントロールと呼ばれる悪路での走破性を高める装備も用意されている。グリップコントロールは、「スノー」、「マッド(泥、ぬかるみ)」、「サンド(砂地)」と3つのモードを備えている。

 プジョー2008クロスシティは、特別仕様車ということだが、エンジンやミッションも異なり、特別仕様車というより新グレードといった印象だ。プジョー2008クロスシティの価格は265万円。なんと、2008のエントリグレードであるプレミアム約259万円に対して、わずか6万円差という設定になっている。わずか6万円差という価格設定は、戦略的な価格設定といえる。プジョーの苦悩は、いつもトランスミッションだ。2008もクルマとしては、非常に魅力的。しかし、自動変速機能付き5速ETGでは、生粋のプジョーファンにしか売りにくい。プジョーも幅広く、より多くの顧客にクルマを売りたいと考えている。そうなると、スムースなATに慣れた新規顧客には、自動変速機能付き5速ETGでは不満が多く出るという。2008クロスシティは、こうしたネガティブな要素を消し去り、多くの顧客に勧めることができるコンパクトSUVになった。6速ATが増えたプジョーは、2016年の販売台数は絶好調だ。

国産コンパクトSUVと比較すると高めの価格。そして、物足りない予防安全装備

 ターボと6速ATが装備されたからと言って、むやみに価格アップできない理由もある。輸入車同士のライバルとなるルノー キャプチャーの上級グレードどインテンスの価格が267万円。こちらは、直4ターボを搭載。2008クロスシティは、直3ターボ。エンジンの気筒数が多い方が、基本的にコスト高になるし、マーケットも、直3より直4の方がコストがかかっていて高級と言うイメージが強い。そうなると、2008クロスシティが、キャプチャー インテンスの価格を上回るのは営業戦略上メリットは無いと判断したのだろう。こうした判断は的確で、コストが安く済む直3が直4を上回るようでは、顧客側から見れば、なんのために直3にしているのか分からない。コストを抑えて利益が出るのは、メーカーだけとなるのでは本末転倒。コストダウンした分、顧客への価格メリットが提示できないのでは、コンパクトカーとしの本質を問われる。

 対キャプチャーとしての価格設定としては十分納得できるものになっているが、国産車コンパクトSUVと比べると、やはり2008クロスシティは高価な設定。265万円もあれば、クリーンディーゼル を搭載したマツダCX-3 や、ハイブリッドホンダ ヴェゼル も十分に買えてしまう。これらの国産コンパクトSUVは、エコカー減税は免税でレギュラーガソリン仕様で燃費も優れる。輸入車もせめて、レギュラーガソリン仕様に変更してから日本に導入するくらいの努力は必要だ。

 プジョー2008クロスシティの安全装備面では、サイドエアバッグ&カーテンエアバッグが標準装備されている。サイドエアバッグ&カーテンエアバッグがオプション装備となる国産車に比べると、衝突安全性能は一定水準を確保している。

 しかし、キャプチャーも同様だが、プジョーも歩行者検知式自動ブレーキの装備が遅い。2008クロスシティには、自動ブレーキ関連の装備が用意されていない。欧州の自動車安全性能を評価するEURO NCAPでは、今後、歩行者検知式自動ブレーキが標準装備化されていないと高評価されない状況になってきている。こうなると、プジョーも歩行者検知式自動ブレーキを標準装備化しないとならないときが近い将来やって来る。そう考えると、よほど急いでいないのであれば、こうした装備が用意されてからが2008クロスシティの買い時といえるだろう。

プジョー2008 クロスシティ(CROSSCITY)価格

■プジョー2008 クロスシティ(CROSSCITY)価格:2,650,000円

プジョー2008 クロスシティ(CROSSCITY)燃費、スペックなど

代表グレードプジョー2008 Cielo
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高)4,160×1,740×1,570mm
ホイールベース[mm]2,540mm
トレッド前/後[mm] 1,480/1,485mm
車両重量[kg]1,230kg
総排気量[cc]1,199cc
エンジン最高出力[kW(PS)/rpm]81(110)/5,500rpm
エンジン最大トルク[N・m/rpm]205/1,500rpm
ミッション6速AT
タイヤサイズ205/50 R17
JC08モード燃費17.3km/L
定員[人]5人
税込価格[円]2,650,000円
発売日2016/3/7
レポート編集部
写真プジョー

この記事をCORISMで読む→