写真提供:マイナビニュース

写真拡大

9月30日の発売が発表されたPlayStation4、Xbox One専用ソフト『FINAL FANTASY XV』と同じ世界観を共有するフルCG長編映像作品『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』が、7月に国内劇場で公開される。

本作で映し出されるのは『FINAL FANTASY XV』と同じ世界、時間、キャラクターのもう一つの物語。ゲーム制作と同じチームで実現した、メディアミックスの完全連動作となる。ゲーム側ではレギスの息子である王子・ノクティス視点でストーリーが進行し、 父と子の絆が描かれるが、本作では国王・レギスの視点から見た物語となる。

映像の配給は、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』シリーズなど数多くのアニメ作品を展開してきたアニプレックスが担当。世界最高水準のCG技術を盛り込み、新作のアクション映画を見る感覚で楽しむことができるとしており、本作を通じて、ゲーム側で得られるさまざまな情緒に、より深みを与えるという。 第1弾となる全国共通特別鑑賞券は、23日より発売。詳細は後日、公式サイトなどで発表される。

また、ゲームとも本作とも違った視点から、ノクティスと仲間たちとの少年期の絆を描くWeb配信アニメ作品『BROTHERHOOD FINAL FANTASY XV』と本作のBlu-rayおよびDVDの発売も決定。レンタル商品としての展開も行われる。

(C)2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.