獺祭も飲み比べ対象に

写真拡大

「東京酒BAL 塩梅神楽坂店」で2016年2月末まで開催されていた「プレミアム地酒飲み放題2800円」プラン。稀少な地酒50種の飲み放題を時間無制限で楽しめる、というイベント企画でした。

しかしこの企画が予約が取れないほど大ヒット! これを受けて2016年4月4日からレギュラープランとして再開されることが決まりました。

日本酒とぴったり! マリアージュメニューも

日本酒愛好家も満足できるよう、日本各地の蔵元がこだわりぬいて造ったプレミアムな地酒だけを、常に50種以上取り揃えています。さらにこのラインアップに加えて「全国蔵元めぐり」と称して毎月いくつかの蔵元を特定、その蔵元の地酒が月替わりで追加されます。蔵元おすすめの料理メニューも登場します。

4月は山口県と広島県の蔵元から「獺祭」の旭酒造、「貴」の永山本家酒造場、「酔心」の酔心山根本店、「一滴入魂」の賀茂鶴酒造などがピックアップされています。マリアージュメニューとしては「牛ロースステーキりんごとクレソンのマリネ」や「牡蠣の雲丹焼き」といったメニューが登場しますので注目を。

プランのレギュラー化を記念して、4月限定で最高級日本酒「獺祭 磨きその先へ」1杯(30ml)を"くじ引き"で毎日5人が無料で試飲できるキャンペーンも実施されます。プラン利用が条件。小売価格3万円以上の高級日本酒を試すチャンスです。

予約は4月1日から受付しています。日本酒ビギナーも試せるよう、価格は2800円とリーズナブルなのも嬉しいところです(別途お通し代400円)。時間無制限で心ゆくまで楽しみましょう。

詳細は公式サイトへ。