30日、中国の女優チャン・ツィイーが中国版ツイッターで2人の巨匠とのスリーショット写真を披露。まな娘のワクチン接種問題にも言及し、話題になっている。写真はチャン・ツィイー。

写真拡大

2016年3月30日、中国の女優チャン・ツィイー(章子怡)が、中国版ツイッターで2人の巨匠とのスリーショット写真を披露。まな娘のワクチン接種問題にも言及し、話題になっている。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

チャン・ツィイーは昨年12月末、米ロサンゼルスで第一子となる長女を出産。父親は人気ミュージシャンのワン・フォン(汪峰)で、2人は昨年春に入籍したとされる。30日、映画監督のチャン・イーモウ(張芸謀)、フォン・シャオガン(馮小剛)監督とのスリーショット写真を公開。チャン監督はツィイーのブレーク作「初恋のきた道」、フォン監督は「女帝(エンペラー)」でそれぞれ一緒に仕事をした仲だ。2人の巨匠に挟まれたツィイーの、産後とは思えないほっそりした体に、ネットユーザーが驚きの声を上げている。

現在も赤ちゃんと米国に滞在中のツィイーだが、まな娘のワクチン接種について、中国での問題を厳しく指摘したことも話題だ。中国ではワクチンが違法取引されたり、管理状態が悪く劣化したものを使用するなど、深刻な問題が浮き彫りになっている。

この問題についてツィイーは中国版ツイッターで、米国では医師に求めると、ワクチンの成分や使用期限についての資料を快く見せてくれたとコメント。幼い子供を持つ親たちに対し、「愛する子供を傷つけることのないよう、ワクチン接種の前に必要なことはちゃんと確認して」と呼び掛けている。(翻訳・編集/Mathilda)