ステラ・マッカートニーの新作フレグランス、広告塔4人起用

写真拡大

ステラ・マッカートニーの新作フレグランス「ポップ」の広告塔として4人が起用されることになった。

ドイツ出身の女優

先日歌手のグライムスが同キャンペーンのイメージモデルを務めると発表されていたが、今回は2番目の広告塔としてドイツ出身の女優でモデルのケニヤ・キンスキー・ジョーンズが抜擢されたことがわかった。残りの2人については今週内にも発表される予定だという。

今回の発表の中で、ステラ・マッカートニーは強い意志、自由な精神、独立性を兼ね備えた女性たちとコラボレーションをすることにより、キャンペーンの中で個性と本質を探求したいと説明する。

新広告ヴィジュアルは写真家グレン・ルッチフォードが撮影し、グラミー賞受賞歴のあるメリーナ・マトソウカス監督が手掛けた映像も作られたようだ。

また、パッケージ材やフレグランス自体においても環境へ及ぼす影響が最小となる革新的なテクノロジーが駆使されているといい、使用されている全ての箱は持続可能な森林からの材料を使っている徹底ぶりだという。  

そんな中、ステラは6月にブランド史上初めてのメンズウェア・コレクションをローンチすると発表していた。 2017年春夏コレクションからメンズウェアにも着手したいというステラだが、まだ見習い時代にロンドンの名門紳士服店がひしめくエリアであるサヴィル・ロウでメンズデザイナーのエドワード・セクストンの下で学んだことがあるため、メンズウェアへの土台はあるうえでの挑戦といえるだろう。1997年にクロエのクリエイティブ・ディレクターに就任した後、2001年から中性的なセンスを軸に自身の同名ブランドを15年間続けている。

Written&Photo by bangshowbiz