31日、韓国ソウル中央地検は、文学作品の盗作疑惑が提起され、詐欺や業務妨害の疑いで告発された小説家・申京淑氏について、「嫌疑なし」の不起訴処分とした。これについて、韓国のネットユーザーは批判的なコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月31日、韓国・KBSによると、韓国ソウル中央地検は同日、文学作品の盗作疑惑が提起され、詐欺や業務妨害の疑いで告発された韓国の人気女性小説家・申京淑(シン・ギョンスク)氏について、「嫌疑なし」の不起訴処分とした。

検察は「申氏が三島由紀夫の短編小説『憂国』を盗作して出版社をだまし、印税などを不正に得た疑いがある」との告発者の主張に対し、「出版社が申氏にだまされた証拠はなく、出版社側もだまされた事実はないと供述した点などを考慮した」と明らかにした。

検察は申氏から最近受け取った盗作疑惑を否定する趣旨のメールや、申氏を召喚して行った調査の内容などを基に、最終的に詐欺や業務妨害の疑いはないと判断した。また、申氏の盗作疑惑については、「告発状に明示されている嫌疑と関連がないため法的判断を下さなかった」と明らかにした。

これについて、韓国のネットユーザーは批判的なコメントを寄せている。

「申京淑作品のファンだったから、今回の当盗作疑惑には本当に失望した」

「盗作しても刑事処罰されないのなら、私も1冊書いてみようかな?」

「これが韓国の素顔。文学界すらこんな状況なのだから、他の分野は言うまでもない」

「誰が見ても盗作。法的な問題ではなく、作家の良心で筆を折ってほしい」

「韓国がノーベル文学賞を受賞できない理由は、韓国の文学が『盗作文学』だから」

「申氏の盗作疑惑により韓国文学は滅びた。恥ずかしくて世界に見せる顔がない」

「盗作した作家も問題だが、その小説をこぞって称賛し、宣伝した評論家たちの方がもっと問題」(翻訳・編集/堂本)