写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オリックス・レンテックは4月1日、法人向けロボットレンタルサービス「RoboRen」を開始すると発表した。また、同サービス第1弾としてスイスABBの産業用ロボット「YuMi」をレンタルすることができる「YuMi検証パック」の予約受付を開始した。

同検証パックでは、YuMiとその周辺機器を月額19万9000円(税別)で最大6カ月レンタルすることができる。また、検証後に引き続き利用を希望する場合は、継続プランとして24カ月、または36ヶ月の長期レンタルも可能。長期レンタルの料金(税別)は24カ月プランが月額22万1700円、36カ月が月額14万8700円となっている(ソフトウェアライセンス、PCは別途費用が発生)。

YuMiは安全柵で囲うことなく人間と並んで作業か可能な協働型の双腕ロボット。スマートフォンの組み立てなど精密な作業が可能なほか、基本操作にプログラミング言語などの専門知識を必要としない。また、総重量が38kgと持ち運びが可能で、100ボルト電源で使用できるため、オフィスでも利用可能だとする。

オリックス・レンテックは、今後高い需要が見込まれる産業用、コミュニケーショ用、介護用などの最新鋭ロボットのラインアップを拡充し、ロボット活用を支援する利便性の高いサービスを提供していくとしている。

(神山翔)